アロバニュース

  
投稿者 : support_admin 投稿日時: 2024-6-26 (31 ヒット)
平素はアロバビュークラウドダイレクトサービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

このたび、当該サービスにおいて、機能・安定性向上を行うため下記日時にてサーバーの
メンテナンスを実施させていただきます。

ご不便をおかけいたしますが、パートナーの皆様につきましては、ご契約中のお客様への事前
案内をお願い申し上げます。

お手数をおかけし大変恐縮ですが、何卒ご理解、ご協力いただきますようお願い申し上げます。


■実施日時:2024年07月10日(水)10:00~11:00
 メンテナンス完了後、速やかに本メールご案内パートナーの皆様へメンテナンス完了報告を
 させていただきます。


■メンテナンス内容:
・カメラ名変更権限が付与されたアカウントにて、カメラと同一ネットワーク外からのカメラ
 名称の変更を行った際、該当カメラIPアドレスが変更され、カメラと同一ネットワーク端末
 からのライブができなくなる問題を修正しました。


■メンテナンスの影響について:
・当該メンテナンスによる録画データーの欠損は発生いたしません。

・メンテナンス時間中にログイン/ライブ/録画再生を行うことができます。

・当該メンテナンスによりアロバビュークライアントの更新が必要になります。


■メンテナンス完了後のお願い:
・アロバビュークライアントランチャーにより、何も操作しなくてもアロバビュークライアント
 が自動的に更新されます。
 更新の通知メッセージが表示された場合、メッセージにしたがってアロバビュークライアント
 を更新してください。
 手動によりアロバビュークライアントを即座に更新することもできます。
 詳細はサーバーからダウンロードしたアロバビュークライアントランチャー(ZIPファイル)
 に含まれるマニュアルをご覧ください。


■当該メンテナンスに関するお問い合わせ先:
販売店様へのご連絡をお願いいたします。


今後ともアロバビュークラウド並びに、株式会社アロバをよろしくお願い申し上げます。

投稿者 : support_admin 投稿日時: 2024-6-20 (123 ヒット)
トピックス
アロバビューVer 4.0.0/4.0.1/4.1.0/5.0.0 向け、カメラ追加パッチプログラムをリリースいたしましたので、ご案内申し上げます。

【5月版更新情報】

[新機種対応]
・AXIS M5526-E ※AXIS General対応
・Canon VB-M46 ※Canon General対応
・TOA N-C5500
・TOA N-C5500A

[制限事項]
・AXIS M5526-E について
・[制限事項]AXIS Generalと同様になります。AXIS Generalについての項目をご参照ください。
・音声のマイク(発声)機能は非対応になります。

・Canon VB-M46 について
・[制限事項]Canon Generalと同様になります。Canon Generalについての項目をご参照ください。
・H.264/RTPoverHTTPSは非対応になります。
・ジョイスティックは非対応になります。

・TOA N-C5500/TOA N-C5500A について
・[制限事項]ストリーム3はカメラ側でH.264を選択できないため非対応です。

[注意事項]
・AXIS M5526-E について
・[注意事項]AXIS Generalと同様になります。AXIS Generalについての項目をご参照ください。
・アロバビューモバイルビューアでFTPイベント録画データをダウンロードした際、端末の標準プレイヤーで再生できない場合は、VLCなどのプレイヤーアプリをインストールして再生してください。

・Canon VB-M46 について
・[注意事項]Canon Generalと同様になります。Canon Generalについての項目をご参照ください。
・iOS版アロバビューモバイルビューアにて、プリセット一覧に複数の空白項目が表示されることがあります。
 その場合、プリセット一覧の最後までスライドして頂くと通常のプリセットが表示されるため、そちらを選択してご利用ください。

ご使用方法については、パッチプログラム同梱のReadMe<動作条件>、<制限事項>、<注意事項>をご確認ください。
 
こちらからダウンロードいただけます。(ダウンロードにはログインが必要です)

【通常製品版のお客様】
https://secure.arobaview.com/support/modules/d3downloads_2/index.php?page=visit&cid=215&lid=292

すでに過去リリースされたVer4.0.0/4.0.1/4.1.0向けカメラ追加パッチプログラムを適用済みの環境にも
本パッチプログラムを適用いただけます。

【注意事項】
・HIKVISIONカメラでカメラ操作を使用する場合、Microsoft .NET Framework 3.5をインストールする必要があります。
 本プログラムを適用する前に、以下の環境に Microsoft .NET Framework 3.5をインストールしてください。
 対象ソフトウェアがインストールされたPC
 ビューアアプリ(アロバビュークライアント)をダウンロードし利用するPC

 ・カメラの認証方式は必ず「Basic」を設定してください。
  ※「Digest&BASIC」の場合、ライブ、録画ができなくなる可能性があります。

 ・ZIPファイルは必ず展開し、「Autorun_patch.exe」を右クリックし管理者として実行してください。

 ・ パッチ適用時は以下の注意点もご参照ください。
 【Sier様へのお願い】新規インストール、アップデート、パッチ適用直後の注意点
 https://secure.arobaview.com/support/modules/d3forum/index.php?post_id=596

 ・ パッチ適用時のエラーと対処法については以下もご参照ください。
 https://secure.arobaview.com/support/modules/d3forum/index.php?post_id=655
 
 
【カメラ対応表はこちら】
 https://www.arobaview.com/camera/

投稿者 : support_admin 投稿日時: 2024-6-19 (100 ヒット)
日頃より弊社サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。
表題製品において不具合の発生を確認いたしましたためご報告いたします。
ご利用の皆様に大変ご迷惑をおかけしますことを深くお詫びいたします。

■対象 
標準製品版
・アロバビュー Ver5.0(※下記の条件にすべて該当するシステム環境が対象)
  ①HTTPトリガーイベント録画を使用している
  ②設定ファイル(aroba.ini)にて別途録画保存先を指定していない
・アロバビュー Ver4.1(※下記の条件にすべて該当するシステム環境が対象)
  ①HTTPトリガーイベント録画を使用している
  ②設定ファイル(aroba.ini)にて別途録画保存先を指定していない
  ③機能追加パッチ<20200925_#35610_トリガーイベント録画の一時保存先変更>を適用している

■障害の内容
・HTTPトリガーイベント録画において一時的に作成される録画ファイル(pndファイル)がWindowsのシステムフォルダ
 (*1、*2)に保存されてしまう。
・通常であればサービスコントロールセンターで指定した録画保存先フォルダに保存される。
 ※当該障害が発生しているシステム環境の場合であっても録画欠損は発生いたしません

  *1 [Ver5.0]C:\Windows\System32
  *2 [Ver4.1]C:\Windows\SysWOW64

■対処について
・HTTPトリガーイベント録画において一時的に作成される録画ファイル(pndファイル)が、サービスコントロールセンターで
 指定した録画保存先フォルダに正しく保存されるよう修正を行いました。(*3、*4)。

  *3 [Ver5.0]新たに当該障害向けの修正パッチを下記にリリース済みとなります。
    https://secure.arobaview.com/support/modules/d3downloads_2/index.php?page=singlefile&cid=209&lid=304
    ※ダウンロードにはパートナー様向けのID/パスワードが必要になります

  *4 [Ver4.1]既存の機能追加パッチ<20200925_#35610_トリガーイベント録画の一時保存先変更>を修正したものを、
    適宜ご要望に応じて個別に提供させていただきます。
    販売代理店様経由でサポート窓口までご連絡をお願いいたします。
    

今後ともアロバビュー並びに、株式会社アロバをよろしくお願い申し上げます。

投稿者 : support_admin 投稿日時: 2024-6-7 (117 ヒット)
日頃より弊社サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。
表題サービスにおいて障害発生を確認いたしましたためご報告いたします。
ご利用の皆様に大変ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫びいたします。


■対象
・アロバビュークラウドダイレクト
 ※ アロバビュークラウドでは障害発生は確認されておりません。
 機能名:カメラ名称変更


■障害の内容
・カメラ名変更権限が付与されたアカウントにて、カメラと同一ネットワーク外からのカメラ名称の変更を行った際
 該当カメラIPアドレスが変更され、カメラと同一ネットワーク端末からのライブができなくなる。
 ※ 録画欠損は発生いたしません。


■対処方法について
・一時的に上記の「カメラ名称変更」権限を無効にさせていただいております。
・カメラ名称を変更されたい場合は、お手数ですがクラウド登録申込書にて弊社に変更をご依頼ください。


■対応スケジュール
 2024/07/10(水)実施のメンテナンス作業にて、修正対応予定となっております。
 
 
今後ともアロバビュークラウド並びに、株式会社アロバをよろしくお願い申し上げます。

投稿者 : support_admin 投稿日時: 2024-5-17 (237 ヒット)
トピックス
アロバビューVer 4.0.0/4.0.1/4.1.0/5.0.0 向け、カメラ追加パッチプログラムをリリースいたしましたので、ご案内申し上げます。

【4月版更新情報】

[新機種対応]
・Hanwha Vision XNP-C6403R ※Wisenet General対応

[制限事項]
・Hanwha Vision XNP-C6403R について
・[制限事項]Wisenet Generalと同様になります。Wisenet Generalについての項目をご参照ください。
・RTPMulticastは非対応になります。
・クリックオンセンタリング機能は非対応になります。
・音声の集音・発声・録音機能は非対応になります。
・クラウドダイレクトは非対応になります。

[注意事項]
・Hanwha Vision XNP-C6403R について
・[注意事項]Wisenet Generalと同様になります。Wisenet Generalについての項目をご参照ください。

ご使用方法については、パッチプログラム同梱のReadMe<動作条件>、<制限事項>、<注意事項>をご確認ください。
 
こちらからダウンロードいただけます。(ダウンロードにはログインが必要です)

【通常製品版のお客様】
https://secure.arobaview.com/support/modules/d3downloads_2/index.php?page=visit&cid=215&lid=292

すでに過去リリースされたVer4.0.0/4.0.1/4.1.0向けカメラ追加パッチプログラムを適用済みの環境にも
本パッチプログラムを適用いただけます。

【注意事項】
・HIKVISIONカメラでカメラ操作を使用する場合、Microsoft .NET Framework 3.5をインストールする必要があります。
 本プログラムを適用する前に、以下の環境に Microsoft .NET Framework 3.5をインストールしてください。
 対象ソフトウェアがインストールされたPC
 ビューアアプリ(アロバビュークライアント)をダウンロードし利用するPC

 ・カメラの認証方式は必ず「Basic」を設定してください。
  ※「Digest&BASIC」の場合、ライブ、録画ができなくなる可能性があります。

 ・ZIPファイルは必ず展開し、「Autorun_patch.exe」を右クリックし管理者として実行してください。

 ・ パッチ適用時は以下の注意点もご参照ください。
 【Sier様へのお願い】新規インストール、アップデート、パッチ適用直後の注意点
 https://secure.arobaview.com/support/modules/d3forum/index.php?post_id=596

 ・ パッチ適用時のエラーと対処法については以下もご参照ください。
 https://secure.arobaview.com/support/modules/d3forum/index.php?post_id=655
 
 
【カメラ対応表はこちら】
 https://www.arobaview.com/camera/

(1) 2 3 4 ... 25 »