アロバニュース

  
投稿者 : support_admin 投稿日時: 2018-3-19 (210 ヒット)
トピックス
アロバビューVer3.4.2/Ver4.0.0 向け、カメラ追加パッチプログラムをリリースいたしましたので、ご案内申し上げます。

 こちらからダウンロードいただけます。(ダウンロードにはログインが必要です)

https://secure.arobaview.com/support/modules/d3downloads_2/index.php?page=singlefile&cid=126&lid=103

すでに過去リリースされたVer3.4.2/Ver4.0.0 向けカメラ追加パッチプログラムを適用済みの環境にも
本パッチプログラムを適用いただけます。

【注意事項】
 パッチ適用環境へMicrosoft .NET Framework 3.5のインストールが必要です。
 インストールされていない環境へはパッチプログラムを適用することができませんのであらかじめご了承ください。

 アロバビュークライアントをダウンロードするPCについても同様にMicrosoft .NET Framework 3.5のインストールが
 必要となりますのでご注意ください。

本パッチプログラムにより追加される機種・ファームウェアは以下の通りです。

【内容】
■ArobaView 3.4.2向け

[新機種対応(107機種)]
・AXIS F34
・AXIS M1045-LW
・AXIS M1065-L
・AXIS M1065-LW
・AXIS M1145
・AXIS M1145-L
・AXIS M2025-LE
・AXIS M3037-PVE
・AXIS M3044-WV
・AXIS M3046-V
・AXIS M3047-P
・AXIS M3048-P
・AXIS M3105-L
・AXIS M3105-LVE
・AXIS M3106-L
・AXIS M3106-LVE
・AXIS M5525-E
・AXIS P1254
・AXIS P1365 Mk II
・AXIS P1405-E
・AXIS P1405-LE
・AXIS P1425-LE Mk II
・AXIS P3224-LV Mk II
・AXIS P3224-V Mk II
・AXIS P3225-LV Mk II
・AXIS P3225-LVE Mk II
・AXIS P3225-V Mk II
・AXIS P3227-LV
・AXIS P3227-LVE
・AXIS P3707-PE
・AXIS P5514 PTZ
・AXIS P5515
・AXIS P5515-E
・AXIS P5624-E Mk II
・AXIS P5635-E
・AXIS P5635-E MkII
・AXIS Q1615 Mk II
・AXIS Q1615-E Mk II
・AXIS Q3505-V Mk II
・AXIS Q3505-VE Mk II
・AXIS Q6054-E
・AXIS Q6115-E
・AXIS Q6128-E
・AXIS Q6155-E
・AXIS V5915
・Canon VB-M44
・Canon VB-H45
・Canon VB-H651VE
・Canon VB-H652LVE
・Canon VB-H730F MkII
・Canon VB-H760VE
・Canon VB-H761LVE
・Canon VB-R13
・Canon VB-S30D MkII
・Canon VB-S30VE
・Canon VB-S805D MkII
・Canon VB-S905F MkII
・Canon VB-S910F
・CREWSYSTEMS SI0720TX1-LAN-A
・ELECOM NCB-BP200BWGR
・ELECOM NCB-DP200AWWH
・ELECOM NCB-DP200BUWH
・HIKVISION DS-2CD2122FWD-I
・HIKVISION DS-2CD2722FWD-IS
・HIKVISION DS-2DE4220-AE
・HIKVISION DS-2DE4220-AE3
・JVC VN-E4B
・JVC VN-H28
・JVC VN-H257
・JVC VN-H557
・Panasonic BB-SC364
・Panasonic BB-SC384B
・Panasonic DG-GXE500
・Panasonic WV-S2131L
・Panasonic WV-S2531LN
・Panasonic WV-S6110
・Panasonic WV-SFN110
・Panasonic WV-SFN130
・Panasonic WV-SFN480
・Panasonic WV-SFV110
・Panasonic WV-SFV311A
・Panasonic WV-SPN310AV
・Panasonic WV-SPW311AL
・Panasonic WV-SPW611J
・Panasonic WV-SPW631L
・Panasonic WV-SPW631LJ
・Panasonic WV-SW397NJ
・Panasonic WV-SW598
・Panasonic WV-SW598J
・Panasonic WV-SW598A
・Panasonic WV-SW598AJ
・Panasonic WV-X6511NJ
・SHARP LZ0P421
・SHARP LZ0P422
・SHARP LZ0P431B
・SHARP LZ0P432B
・SHARP LZ0P436
・SONY SNC-EB602R
・SONY SNC-EM602RC
・SONY SNC-WR630
・SONY SNC-WR632
・SONY SNC-XM632
・TOA N-C3220-3
・TOA N-C3420-3
・TOA N-C3500
・TOA N-C3700
・TOA N-C3820-3

[カメラ機能追加(23機種)]
Axisの以下の機種に対して、脆弱性対策ファームウェアに対応にしました。
・AXIS P5414-E
・AXIS P5624-E MkII

Canonの以下の機種に対して、v1.1.2のファームウェアとジョイスティックに対応しました。
・Canon VB-R11VE

CREW SYSTEMSの以下の機種に対して、音声対応しました。
・CREW SYSTEMS SI0720TX1-LAN-A

Axisの以下の機種に対して、v6.10.1.1のファームウェアに対応しました。
・AXIS P3365-V
・AXIS P3365-VE

Axisの以下の機種に対して、v6.50.2.1のファームウェアに対応しました。
・AXIS M3026-VE

Axisの以下の機種に対して、60fpsを追加しました。
・AXIS P1365

HikVisionの以下の機種に対して、v5.3.0 build 151029のファームウェアに対応しました。
・HIKVISION DS-2DE2103-DE3/W

Panasonicの以下の機種に対して、Motion JPEG/HTTPSに対応しました。
・Panasonic DG-SC385

Panasonicの以下の機種に対して、RTP配信による録画時刻算出ロジックを改善しました。
・Panasonic WV-SC387A

Panasonicの以下の機種に対して、ジョイスティック対応しました。
・Panasonic WV-SW395J

HikVisionの以下の機種に対して、マルチストリームに対応しました。
・HikVision DS-2CD2122FWD-I

SECUREの以下のカメラにて10セッション接続に対応しました。
・SECURE NC-A220-3MW
・SECURE NC-B320-DP
・SECURE NC-D320-P
・SECURE NC-EA220-WP
・SECURE NC-S220-1Z
・SECURE NC-S220-1ZWH

SHARPの以下の機種に対して、音声(集音、録音)対応に対応しました。
・SHARP LZ0P431B
・SHARP LZ0P436

SONYの以下の機種に対して、v3.0.0のファームウェアに対応しました。
・SONY SNC-EM600
・SONY SNC-VM600

■ArobaView 4.0.0向け

[新機種対応(79機種)]
・AXIS F34
・AXIS M1045-LW
・AXIS M1065-L
・AXIS M1065-LW
・AXIS M1145
・AXIS M1145-L
・AXIS M2025-LE
・AXIS M3037-PVE
・AXIS M3044-WV
・AXIS M3047-P
・AXIS M3048-P
・AXIS M3105-L
・AXIS M3105-LVE
・AXIS M3106-L
・AXIS M3106-LVE
・AXIS M5525-E
・AXIS P1254
・AXIS P1425-LE Mk II
・AXIS P3224-LV Mk II
・AXIS P3224-V Mk II
・AXIS P3225-LV Mk II
・AXIS P3225-LVE Mk II
・AXIS P3225-V Mk II
・AXIS P3227-LV
・AXIS P3227-LVE
・AXIS P3707-PE
・AXIS P5514 PTZ
・AXIS P5515
・AXIS P5515-E
・AXIS P5635-E
・AXIS P5635-E MkII
・AXIS Q1615 Mk II
・AXIS Q1615-E Mk II
・AXIS Q6115-E
・AXIS Q6155-E
・Canon VB-M44
・Canon VB-H45
・Canon VB-H651VE
・Canon VB-H730F MkII
・Canon VB-H760VE
・Canon VB-H761LVE
・Canon VB-S30D MkII
・Canon VB-S30VE
・Canon VB-S805D MkII
・Canon VB-S905F MkII
・Canon VB-S910F
・CREWSYSTEMS SI0720TX1-LAN-A
・ELECOM NCB-BP200BWGR
・ELECOM NCB-DP200AWWH
・ELECOM NCB-DP200BUWH
・JVC VN-E4B
・JVC VN-H28
・JVC VN-H257
・JVC VN-H557
・Panasonic DG-GXE500
・Panasonic WV-S2131L
・Panasonic WV-S2531LN
・Panasonic WV-S6110
・Panasonic WV-SFN110
・Panasonic WV-SFN130
・Panasonic WV-SFN480
・Panasonic WV-SPW611J
・Panasonic WV-SPW631L
・Panasonic WV-SPW631LJ
・Panasonic WV-SW598
・Panasonic WV-SW598J
・Panasonic WV-SW598A
・Panasonic WV-SW598AJ
・Panasonic WV-X6511NJ
・SECURE NC-A220-3MW
・SECURE NC-B320-DP
・SECURE NC-D320-P
・SECURE NC-EA220-WP
・SECURE NC-S220-1Z
・SECURE NC-S220-1ZWH
・SONY SNC-EB602R
・SONY SNC-EM602RC
・TOA N-C3420-3
・TOA N-C3500

[カメラ機能追加(19機種)]
Axisの以下の機種に対して、脆弱性対策ファームウェアに対応しました。
・AXIS P5414-E
・AXIS P5624-E MkII

Canonの以下の機種に対して、v1.1.2のファームウェアとジョイスティックに対応しました。
・Canon VB-R11VE

CREW SYSTEMSの以下の機種に対して、音声対応しました。
・CREW SYSTEMS SI0720TX1-LAN-A

Axisの以下の機種に対して、v6.50.2.1のファームウェアに対応しました。
・AXIS M3026-VE

Panasonicの以下の機種に対して、H.264の音声(集音、録音)とMotion JPEG/HTTPSに対応しました。
・Panasonic DG-SC385

Panasonicの以下の機種に対して、RTP配信による録画時刻算出ロジックを改善しました。
・Panasonic WV-SC387A

Panasonicの以下の機種に対して、ジョイスティック対応しました。
・Panasonic WV-SW395J

HikVisionの以下の機種に対して、マルチストリームに対応しました。
・HikVision DS-2CD2122FWD-I

SHARPの以下の機種に対して、音声(集音、録音)対応に対応しました。
・SHARP LZ0P431B
・SHARP LZ0P436

SONYの以下の機種に対して、v3.0.0のファームウェアに対応しました。
・SONY SNC-EM600
・SONY SNC-VM600

SECUREの以下のカメラにて10セッション接続に対応しました。
・SECURE NC-A220-3MW
・SECURE NC-B320-DP
・SECURE NC-D320-P
・SECURE NC-EA220-WP
・SECURE NC-S220-1Z
・SECURE NC-S220-1ZWH

【対象ソフトウェアバージョン】
・ArobaView Enterprise Server Ver3.4.2/4.0.0
・ArobaView Recording Server Ver3.4.2/4.0.0
・ArobaView Gateway Server Ver1.4.2/4.0.0

【事前準備】
・追加されるカメラモジュールを利用するには Microsoft .NET Framework 3.5をインストールする必要があります。
・本プログラムを適用する前に、以下の環境に Microsoft .NET Framework 3.5をインストールしてください。

・対象ソフトウェアがインストールされたPC
・ビューアアプリをダウンロードし利用するPC

【制限事項】
・AXIS M1045-LWについて
・RTP および RTP over HTTP で登録されている場合、モバイルビューアでは下記の解像度でライブ閲覧することができません。
1024x768 / 1280×960 / 1920×1080

・AXIS P1425-LE Mk IIについて
・60fpsで高解像度の場合は、クライアントPCやネットワークの環境により、設定した通りにライブや録画ができない
(映像遅延が発生する)可能性があります。

・AXIS P3225-V/LV/LVE Mk IIについて
・60fpsで高解像度の場合は、クライアントPCやネットワークの環境により、設定した通りにライブや録画ができない
(映像遅延が発生する)可能性があります。

・AXIS P3365-V/P3365-VEについて
・H.264/RTP multicastで接続し難い場合があります(FW6.10.1.1で確認)。

・AXIS Q1615/Q1615-E Mk IIについて
・100/120fpsは非対応です。
・60fpsで高解像度の場合は、クライアントPCやネットワークの環境により、設定した通りにライブや録画ができない
(映像遅延が発生する)可能性があります。

・AXIS Q3505-V/VE Mk IIについて
・100/120fpsは非対応です。
・60fpsで高解像度の場合は、クライアントPCやネットワークの環境により、設定した通りにライブや録画ができない
(映像遅延が発生する)可能性があります。

・AXIS Q6128-Eについて
・4K(3840x2160)解像度は未対応です。
・60fpsで高解像度の場合は、クライアントPCやネットワークの環境により、設定した通りにライブや録画ができない
(映像遅延が発生する)可能性があります。

・AXIS Q6155-Eについて
・60fps指定で高画質設定や分割ビュー表示している場合、実際のフレームレートが60fpsより小さくなることがあります。

・Canon VB-H651VE/VB-H761LVEについて
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSでは発声が未対応です。
・「認証方式」が「Digest認証」の発声は未対応です。

・CANON VB-S905F Mk II/VB-S30D Mk IIについて
・カメラ自動登録には対応していません。

・Canon VB-S910F/VB-S30VEについて
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSでは発声が未対応です。

・CANON VB-S805D MkIIについて
・カメラ自動登録には対応していません。

・ELECOM NCB-BP200BWGR/NCB-DP200AWWH/NCB-DP200BUWHについて
・アロバビューのカメラ自動登録機能による登録ができません。
・カメラ側のMJPEGストリームを無効にしないでください。
・音声対応カメラの録音はできません(ライブでの発声は可能です)。
・H.264/RTP over HTTPでの接続は8000ポート固定となります。
・H.264/RTPとH.264/RTP over HTTPの同時接続を行うことはできません。
・複数の接続を行うとカメラ側の負荷が高まり、期待するフレームレートが出なかったり、
映像がスキップする可能性があります。

・HIKVISION DS-2CD2722FWD-ISについて
・HTTPS通信に対応していません。
・サブストリームのMJPEGは対応していません。
・H.264/RTP over HTTPでの録音は非対応です。

・HIKVISION DS-2DE4220-AE3/DS-2DE4220-AE/DS-2CD2122FWD-Iについて
・HTTPS通信に対応していません。
・サブストリームのMJPEGは対応していません。

・Panasonic WV-S2531LNについて
・カメラ側にて設定を変更した場合、セッションが切断され、再接続が可能になるまで1分程かかります。
・カメラ側の設定変更によってセッションが切断された場合、以下の手順で再接続を実施してください。
・ライブの場合
1. カメラ側で設定を変更する。
2. 1分間待つ。
3. アロバビュークライアントでライブ画面から別の画面へ遷移する(録再、管理者設定、ユーザー設定)。
4. ライブ画面にて映像が配信されていることを確認する。
・録画の場合
1. カメラ側で設定を変更する。
2. 1分間待つ。
3. アロバビュークライアントで管理者設定のカメラ画面を開く。
4. 当該カメラの録画を「しない」に変更し、「変更」ボタンを押す。
5. 各種録画サービスのログにて、録画が開始されていることを確認する。

・Panasonic WV-SFV311Aについて
・HTTPS通信に対応していません。
・音声に対応していません。

・Panasonic WV-SPN310AVについて
・HTTPS通信には対応していません。
・カメラ自動登録には対応していません。
※WV-SPN310Vが対応されている環境ではWV-SPN310AVがWV-SPN310Vと判断されます。

・Panasonic WV-SPV110について
・HTTPS通信に対応していません。
・音声(集音)に対応していません。

・Panasonic WV-SPW311ALについて
・HTTPS通信に対応していません。
・音声に対応していません。
・カメラ側で1920x1080、最大12288kbps以上、マルチキャスト配信に設定すると、
ArobaViewClientでライブ表示が乱れたり、接続エラーが発生する可能性があります。

・Panasonic WV-SW397NJについて
・HTTPS通信に対応していません。
・音声に対応していません。

・Panasonic WV-SW598/J/A/AJについて
・ArobaView 3.4.2では録音が未対応です。
・発声は未対応です。

・Panasonic WV-SPW631L/LJについて
・ArobaView 3.4.2では録音が未対応です。
・発声は未対応です。

・SECURE NC-A220-3MWについて
・常時録画設定にて配信方法を「RTP」に設定した場合、録音することができません。

・SECURE NC-B320-DPについて
・常時録画設定にて配信方法を「RTP」に設定した場合、録音することができません。

・SECURE NC-D320-Pについて
・常時録画設定にて配信方法を「RTP」に設定した場合、録音することができません。

・SECURE NC-S220-1Zについて
・常時録画設定にて配信方法を「RTP」に設定した場合、録音することができません。

・SECURE NC-S220-1ZWHについて
・常時録画設定にて配信方法を「RTP」に設定した場合、録音することができません。

・SHARP LZ0P421/LZ0P422/LZ0P431B/LZ0P432B/LZ0P436について
・カメラのライフチェックは未対応です。
・フレームレートとGOV Lengthが合っていないときは時刻誤差が発生し、録画が途切れる可能性があります。

・SONY SNC-XM632について
・HTTPS通信に対応していません。
・録音は未対応です。

【特記事項】
・AXIS M1145/M1145-Lについて
・View Areaを有効にする場合、カメラの設定で「Video」→「Cemera Settings」で「Enable View Areas」にチェック
を入れ、「View Areas」→「Add」ボタンで「View Area 2」を追加してください(「View Area 8」まで追加可能)。
・ArobaViewのカメラ登録時にView Area 1は(A1)を、View Area 2は(A2)を「機種」で選択してください。
View Area 3以降も同様です。
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSに対応しています。

・AXIS M2025-LEについて
・View Areaを有効にする場合、カメラの設定で「Video」→「Cemera Settings」で「Enable View Areas」にチェック
を入れ、「View Areas」→「Add」ボタンで「View Area 2」を追加してください。
・ArobaViewのカメラ登録時にView Area 1は(A1)を、View Area 2は(A2)を「機種」で選択してください。
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSに対応しています。

・AXIS M3037-PVEについて
・通倫量が大きくなる配信設定となっている状態や複数のクライアント接続を行うと、カメラ側の負荷が高まり、
期待するフレームレートが出なかったり、映像がスキップする可能性があります。

・AXIS M3044-WVについて
・View Areaを有効にする場合、カメラの設定で「Video」→「Cemera Settings」で「Enable View Areas」にチェック
を入れ、「View Areas」→「Add」ボタンで「View Area 2」を追加してください。
・ArobaViewのカメラ登録時にView Area 1は(A1)を、View Area 2は(A2)を「機種」で選択してください。
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSに対応しています。

・AXIS M3046-Vについて
・View Areaを有効にする場合、カメラの設定で「Video」→「Cemera Settings」で「Enable View Areas」にチェック
を入れ、「View Areas」→「Add」ボタンで「View Area 2」を追加してください。
・View Areaを有効にした場合は2560x1440は選択できません。
・ArobaViewのカメラ登録時にView Area 1は(A1)を、View Area 2は(A2)を「機種」で選択してください。

・AXIS M3047-Pについて
・アロバビューから各ビューエリアの映像を取得するため、カメラ側にて以下の設定が必要となります。
1.ブラウザ(ChromeやFirefox等)からカメラへアクセス
2.設定タブ > システム > プレイン設定 をクリック
3.新規に開かれたページにて、プルダウンから「Image」を選択し、「Select group」ボタンをクリック。
4.Image I0: ~ I11: までのすべての「Enabled」項目にチェックを付ける
5.画面一番下の「Save」ボタンをクリック

・AXIS M3048-Pについて
・アロバビューから各ビューエリアの映像を取得するため、カメラ側にて以下の設定が必要となります。
1.ブラウザ(ChromeやFirefox等)からカメラへアクセス
2.設定タブ > システム > プレイン設定 をクリック
3.新規に開かれたページにて、プルダウンから「Image」を選択し、「Select group」ボタンをクリック
4.Image I0: ~ I11: までのすべての「Enabled」項目にチェックを付ける
5.画面一番下の「Save」ボタンをクリック
・30fps(25fps)での利用は、FisheyeモードにおけるOverviewビューエリアのみとなります。

・AXIS M3105-L/M3105-LVE/M3106-L/M3106-LVEについて
・View Areaを有効にする場合、カメラの設定で「Video」→「Cemera Settings」で「Enable View Areas」にチェック
を入れ、「View Areas」→「Add」ボタンで「View Area 2」を追加してください。
・ArobaViewのカメラ登録時にView Area 1は(A1)を、View Area 2は(A2)を「機種」で選択してください。
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSに対応しています。

・AXIS M3106-L/M3106-LVEについて
・カメラの設定の「Video」→「Cemera Settings」→「Capture mode」で「4MP (2688x1520)」を選択した場合、
ArobaViewのカメラ登録画面の「解像度」で「2560x1440」が設定されたときは無効となります。
逆に「Capture mode」で「QHD (2560x1440)」を選択した場合、カメラ登録画面の「2688x1520」が無効となります。

・AXIS P1065-LWについて
・Wireless LANを使用する場合は特に、十分なネットワーク帯域を確保してください。

・AXIS P1365 Mk II について
・カメラ本体の初期設定画面にて電源周波数を50Hzに設定した場合、
アロバビューの管理者設定画面にてフレームレートを60に設定していても、
実際の表示および録画フレームレートは最大50fpsに制限されます。
これは映像のちらつきを抑制する機能によるもので、カメラ側の仕様です。
60fpsでの表示や録画を必要とされる場合は、一旦カメラを工場出荷時設定に戻し
カメラの初期設定画面にて電源周波数を60Hzに設定して下さい。

・AXIS P1405-E/LEについて
・光学ズームに対応しています。

・AXIS P1425-LE Mk IIについて
・最大60fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video & Audio → Camera Settings → Capture mode → 1080p 1920x1080 (16:9) 50/60 fps (no WDR)
・最大30fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video & Audio → Camera Settings → Capture mode → 1080p 1920x1080 (16:9) 25/30 fps (WDR)

・AXIS P3225-V/LV/LVE Mk IIについて
・最大60fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video & Audio → Camera Settings → Capture mode → 1080p 1920x1080 (16:9) 50/60 fps (no WDR)
・最大30fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video & Audio → Camera Settings → Capture mode → 1080p 1920x1080 (16:9) 25/30 fps (WDR)

・AXIS Q1615/Q1615-E Mk IIについて
・最大60fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video & Audio → Camera Settings → Capture mode → 1080p 1920x1080 (16:9) 50/60 fps (no WDR)
・最大30fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video & Audio → Camera Settings → Capture mode → 1080p 1920x1080 (16:9) 25/30 fps (WDR)
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSに対応しています。
・光学ズームに対応しています。

・AXIS Q3505-V/VE Mk IIについて
・最大60fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video & Audio → Camera Settings → Capture mode → 1080p 1920x1080 (16:9) 50/60 fps (no WDR)
・最大30fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video & Audio → Camera Settings → Capture mode → 1080p 1920x1080 (16:9) 25/30 fps (WDR)

・AXIS Q6128-Eについて
・最大60fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video → Camera Settings → Capture mode → 1080p 1920x1080 (16:9) 60fps
・最大30fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video → Camera Settings → Capture mode → 2160p 3840x2160 (16:9) 30fps

・AXIS Q6155-Eについて
・カメラの設定の「Capture mode」で「720p 1280x720 (16:9)」を選択した場合、
ArobaViewのカメラ登録画面の「解像度」で「1920x1080」が設定されたときは無効となります。

・Canon VB-M44について
・Motion JPEGで指定する解像度はカメラ側でも設定が必要です。
以下の3セットを選択した上、その中に含まれる解像度をArobaViewで選択してください。

1) 1280x720 / 640x360 / 320x180
2) 1280x960 / 640x480 / 320x240
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSに対応しています。
・モバイルビューアで音声を使用する場合、カメラ側の設定が必要です。
[設定メニュー]⇒[サーバー]⇒[RTPサーバー]⇒[RTPストリーム5]の映像サイズを
任意のH.264ストリームに設定し、音声送信を「使用する」に設定してください。
・Canon VB-H45について
・Motion JPEGで指定する解像度はカメラ側でも設定が必要です。
以下の3セットを選択した上、その中に含まれる解像度をArobaViewで選択してください。

1) 1280x720 / 640x360 / 320x180
2) 1280x960 / 640x480 / 320x240
3) 1920x1080 / 960x540 / 480x270
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSに対応しています。
・Canon VB-H651VE/VB-H761LVEについて
・ArobaView 3.4.2以前の環境でH.264を使用する場合、カメラ側のRTPサーバー設定で以下のように設定してください。
S1)「RTPストリーム1」で「映像サイズ」に「H.264(1)」を設定
S2)「RTPストリーム2」で「映像サイズ」に「H.264(2)」を設定

・ArobaView 4.0.0以降の環境でH.264を使用する場合、カメラ側のRTPサーバー設定で「H.264(1)」と「H.264(2)」を
適切に割り当てた上で、ArobaView側のカメラ登録時に「映像」でRTPストリーム番号を選択してください。
・Motion JPEGで指定する解像度はカメラ側でも設定が必要です。
以下の3セットを選択した上、その中に含まれる解像度をArobaViewで選択してください。
1) 1280x960 / 640x480 / 320x240
2) 1280x720 / 640x360 / 320x180
3) 1920x1080 / 960x540 / 480x270
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSに対応しています。
・Motion JPEG/HTTPで集音/発音、Motion JPEG/HTTPSで集音に対応しています。
・ArobaView 4.0.0以降の環境でH.264を使用する場合、録音に対応しています。
・Canon VB-H760VEについて
・ArobaView 3.4.2以前の環境でH.264を使用する場合、カメラ側のRTPサーバー設定で以下のように設定してください。
S1)「RTPストリーム1」で「映像サイズ」に「H.264(1)」を設定
S2)「RTPストリーム2」で「映像サイズ」に「H.264(2)」を設定

・ArobaView 4.0.0以降の環境でH.264を使用する場合、カメラ側のRTPサーバー設定で「H.264(1)」と「H.264(2)」を
適切に割り当てた上で、ArobaView側のカメラ登録時に「映像」でRTPストリーム番号を選択してください。
・Motion JPEGで指定する解像度はカメラ側でも設定が必要です。
以下の3セットを選択した上、その中に含まれる解像度をArobaViewで選択してください。
1) 1280x960 / 640x480 / 320x240
2) 1280x720 / 640x360 / 320x180
3) 1920x1080 / 960x540 / 480x270
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSに対応しています。
・Canon VB-H652LVEについて
・Motion JPEGで指定する解像度はカメラ側でも設定が必要です。
以下の3セットを選択した上、その中に含まれる解像度をArobaViewで選択してください。

1) 1280x720 / 640x360 / 320x180
2) 1280x960 / 640x480 / 320x240
3) 1920x1080 / 960x540 / 480x270
・Motion JPEG/HTTP、Motion JPEG/HTTPSでも集音/発声に対応しています。
・録音は未対応です。
・Canon VB-R13について
・Motion JPEGで指定する解像度はカメラ側でも設定が必要です。
以下の3セットを選択した上、その中に含まれる解像度をArobaViewで選択してください。

1) 1280x720 / 640x360 / 320x180
2) 1280x960 / 640x480 / 320x240
3) 1920x1080 / 960x540 / 480x270
・Motion JPEG/HTTP、Motion JPEG/HTTPSでも集音/発声に対応しています。
・録音は未対応です。
・Canon VB-S910F/VB-S30VEについて
・ArobaView 3.2.1以前の環境でH.264を使用する場合、カメラ側のRTPサーバー設定で以下のように設定してください。
S1)「RTPストリーム1」で「映像サイズ」に「H.264(1)」を設定
S2)「RTPストリーム2」で「映像サイズ」に「H.264(2)」を設定

・ArobaView 4.0.0以降の環境でH.264を使用する場合、カメラ側のRTPサーバー設定で「H.264(1)」と「H.264(2)」を
適切に割り当てた上で、ArobaView側のカメラ登録時に「映像」でRTPストリーム番号を選択してください。
・Motion JPEGで指定する解像度はカメラ側でも設定が必要です。
以下の3セットを選択した上、その中に含まれる解像度をArobaViewで選択してください。
1) 1280x960 / 640x480 / 320x240
2) 1280x720 / 640x360 / 320x180
3) 1920x1080 / 960x540 / 480x270
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSに対応しています。
・Motion JPEG/HTTPで集音/発音、Motion JPEG/HTTPSで集音に対応しています。
・ArobaView 4.0.0以降の環境でH.264を使用する場合、録音に対応しています。
・CREW SYSTEMS SI0720TX1-LAN-Aについて
・SeeIT連携時、カメラ再起動および、ログ取得は非対応となります。
※Onvif未対応のため。

・HIKVISION DS-2DE4220-AE3/DS-2DE4220-AEについて
・音声を受信(集音)するためにはカメラ側の設定でストリームタイプごとに、「基本設定」→「映像/音声」の
「ビデオタイプ」を「映像&音声」に設定してください。
・カメラ操作を行うためには.NET Frameworkが必要です。

・JVC VN-H557について
・MotionJPEGをご利用の場合、カメラ側設定のエンコーダ No.1にて「JPEG」を選択してください。
アロバビュー側の(E1)、(E1,E2)、(E1,E3)のすべてにおいて、エンコーダ No.1の設定が反映されます。

・Panasonic WV-S2531LNについて
・最大60fpsを使用する場合は、カメラ側にて以下の撮像モードを設定してください。
2メガピクセル[16:9](60fpsモード)

・Panasonic WV-S6110について
・カメラ側にて設定を変更した場合、セッションが切断されます。
・カメラ側設定変更によってセッションが切断された場合、再接続が可能になるまで1分程かかります。

・Panasonic WV-SFN480について
・デジタルPTZ可能をご利用の場合、以下のいずれかの撮像モードを選択してください。
4画PTZ
1画PTZ

・Panasonic BB-SC364について
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSは未対応です。
・音声(集音と発声)は未対応です。
・ジョイスティックは未対応です。

・Panasonic BB-SC384Bについて
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSは未対応です。
・音声(集音や発声)は未対応です。
・ジョイスティックは未対応です。

・SHARP LZ0P421/LZ0P422について
・H.264/RTP over HTTPで使用する場合、ポート番号に8080を指定してください。

【注意事項】
・HIKVISION DS-2DE4220-AE3/DS-2DE4220-AEについて
・本プログラムで追加されるカメラモジュールは Microsoft .NET Framework を利用しているため
ビューアアプリにてカメラ操作を行う場合、リモコンを表示してから操作可能になるまで時間がかかる場合があります。
・Motion JPEGに対応していないため、Gateway Serverには非対応です。

・SHARP LZ0P421/LZ0P422/LZ0P431B/LZ0P432B/LZ0P436について
・Motion JPEGに対応していないため、Gateway Serverには非対応です。

・TOA N-C3700/N-C3820-3について
・Motion JPEGに対応していないため、Gateway Serverには非対応です。

【適用手順】
1.「Autorun_patch.exe」、「w32_Autorun_patch.exe」、「x64_Autorun_patch.exe」
および「patch」フォルダを ArobaViewが稼働するサーバにコピーします。

2.アップデートを実行する前に、サービスコントロールセンターを終了します。
※サービスコントロールセンターを終了せずに実行した場合、当パッチを正しく適用できませんので、ご注意ください。

3.「Autorun_patch.exe」を右クリックし管理者として実行してください。
※「w32_Autorun_patch.exe」「x64_Autorun_patch.exe」を実行しないでください。

4.ArobaView修正プログラムが起動し「修正プログラムを実行します」と表示されますので、<実行>をクリックします。

5.修正プログラムが正常に適用された場合、「修正プログラムの適用が成功しました」と表示されますので、
 <OK>と<終了>をクリックしてプログラムを終了してください。

6.手順1でコピーしたファイルとフォルダを削除します。

7.ArobaViewClient, ArobaViewPlayer をサーバーからダウンロードして更新してください。

投稿者 : support_admin 投稿日時: 2018-2-19 (224 ヒット)
トピックス
アロバビューVer3.4.2/Ver4.0.0 向け、カメラ追加パッチプログラムをリリースいたしましたので、ご案内申し上げます。

 こちらからダウンロードいただけます。(ダウンロードにはログインが必要です)

https://secure.arobaview.com/support/modules/d3downloads_2/index.php?page=singlefile&cid=126&lid=103

すでに過去リリースされたVer3.4.2/Ver4.0.0 向けカメラ追加パッチプログラムを適用済みの環境にも
本パッチプログラムを適用いただけます。

【注意事項】
 パッチ適用環境へMicrosoft .NET Framework 3.5のインストールが必要です。
 インストールされていない環境へはパッチプログラムを適用することができませんのであらかじめご了承ください。

 アロバビュークライアントをダウンロードするPCについても同様にMicrosoft .NET Framework 3.5のインストールが
 必要となりますのでご注意ください。

本パッチプログラムにより追加される機種・ファームウェアは以下の通りです。


【内容】
■ArobaView 3.4.2向け

[新機種対応(103機種)]
・AXIS F34
・AXIS M1045-LW
・AXIS M1065-L
・AXIS M1065-LW
・AXIS M1145
・AXIS M1145-L
・AXIS M2025-LE
・AXIS M3037-PVE
・AXIS M3044-WV
・AXIS M3046-V
・AXIS M3047-P
・AXIS M3048-P
・AXIS M3105-L
・AXIS M3105-LVE
・AXIS M3106-L
・AXIS M3106-LVE
・AXIS M5525-E
・AXIS P1254
・AXIS P1365 Mk II
・AXIS P1405-E
・AXIS P1405-LE
・AXIS P1425-LE Mk II
・AXIS P3224-LV Mk II
・AXIS P3224-V Mk II
・AXIS P3225-LV Mk II
・AXIS P3225-LVE Mk II
・AXIS P3225-V Mk II
・AXIS P3227-LV
・AXIS P3227-LVE
・AXIS P3707-PE
・AXIS P5514 PTZ
・AXIS P5515
・AXIS P5515-E
・AXIS P5624-E Mk II
・AXIS P5635-E
・AXIS P5635-E MkII
・AXIS Q1615 Mk II
・AXIS Q1615-E Mk II
・AXIS Q3505-V Mk II
・AXIS Q3505-VE Mk II
・AXIS Q6054-E
・AXIS Q6115-E
・AXIS Q6128-E
・AXIS Q6155-E
・AXIS V5915
・Canon VB-M44(B)
・Canon VB-H45(B)
・Canon VB-H651VE
・Canon VB-H652LVE
・Canon VB-H730F MkII
・Canon VB-H760VE
・Canon VB-H761LVE
・Canon VB-R13
・Canon VB-S30D MkII
・Canon VB-S30VE
・Canon VB-S805D MkII
・Canon VB-S905F MkII
・Canon VB-S910F
・CREWSYSTEMS SI0720TX1-LAN-A
・ELECOM NCB-BP200BWGR
・ELECOM NCB-DP200AWWH
・ELECOM NCB-DP200BUWH
・HIKVISION DS-2CD2122FWD-I
・HIKVISION DS-2CD2722FWD-IS
・HIKVISION DS-2DE4220-AE
・HIKVISION DS-2DE4220-AE3
・JVC VN-H28
・JVC VN-H257
・JVC VN-H557
・Panasonic BB-SC364
・Panasonic BB-SC384B
・Panasonic DG-GXE500
・Panasonic WV-S6110
・Panasonic WV-SFN110
・Panasonic WV-SFN130
・Panasonic WV-SFN480
・Panasonic WV-SFV110
・Panasonic WV-SFV311A
・Panasonic WV-SPN310AV
・Panasonic WV-SPW311AL
・Panasonic WV-SPW611J
・Panasonic WV-SPW631L
・Panasonic WV-SPW631LJ
・Panasonic WV-SW397NJ
・Panasonic WV-SW598
・Panasonic WV-SW598J
・Panasonic WV-SW598A
・Panasonic WV-SW598AJ
・SHARP LZ0P421
・SHARP LZ0P422
・SHARP LZ0P431B
・SHARP LZ0P432B
・SHARP LZ0P436
・SONY SNC-EB602R
・SONY SNC-EM602RC
・SONY SNC-WR630
・SONY SNC-WR632(C)
・SONY SNC-XM632
・TOA N-C3220-3
・TOA N-C3420-3
・TOA N-C3500
・TOA N-C3700
・TOA N-C3820-3

[カメラ機能追加(21機種)]
Axisの以下の機種に対して、脆弱性対策ファームウェアに対応にしました。
・AXIS P5414-E
・AXIS P5624-E MkII

Canonの以下の機種に対して、v1.1.2のファームウェアとジョイスティックに対応しました。
・Canon VB-R11VE

Axisの以下の機種に対して、v6.10.1.1のファームウェアに対応しました。
・AXIS P3365-V
・AXIS P3365-VE

Axisの以下の機種に対して、v6.50.2.1のファームウェアに対応しました。
・AXIS M3026-VE

Axisの以下の機種に対して、60fpsを追加しました。
・AXIS P1365

HikVisionの以下の機種に対して、v5.3.0 build 151029のファームウェアに対応しました。
・HIKVISION DS-2DE2103-DE3/W

Panasonicの以下の機種に対して、Motion JPEG/HTTPSに対応しました。
・Panasonic DG-SC385

Panasonicの以下の機種に対して、RTP配信による録画時刻算出ロジックを改善しました。
・Panasonic WV-SC387A

HikVisionの以下の機種に対して、マルチストリームに対応しました。
・HikVision DS-2CD2122FWD-I

SECUREの以下のカメラにて10セッション接続に対応しました。
・SECURE NC-A220-3MW
・SECURE NC-B320-DP
・SECURE NC-D320-P
・SECURE NC-EA220-WP
・SECURE NC-S220-1Z
・SECURE NC-S220-1ZWH

SHARPの以下の機種に対して、音声(集音、録音)対応に対応しました。
・SHARP LZ0P431B
・SHARP LZ0P436

SONYの以下の機種に対して、v3.0.0のファームウェアに対応しました。
・SONY SNC-EM600
・SONY SNC-VM600

[改修された不具合]
-影響範囲:Ver. 3.4.0 以降
HikVisionの以下の機種に対して、カメラ操作が動作しない不具合を修正。
・HIKVISION DS-2DE2103-DE3/W

AXISの以下の機種に対して、自動登録することができない不具合を修正。
・AXIS M1004-W
・AXIS M2014-E
・AXIS M3024-LVE
・AXIS M3025-VE
・AXIS M3026-VE
・AXIS Q1614(E)

-影響範囲:Ver. 3.4.2
レコーディングサーバーおよびエンタープライズサーバーにて、Apacheが不正終了する不具合を修正。
アロバビュークライアントにて、サーバーとの接続が復旧してもライフチェックインジケータが赤いままとなる不具合を修正。
モバイルビューアにて、カメラ操作権限が付与されているアカウントではPTZアイコンが表示されない不具合を修正。

-影響範囲:Ver. 3.4.2 以降
登録されている全カメラ台数が多いと、ビューリストにおいてカメラ名表示が遅延することがある不具合を修正。
多数の子カメラグループを作成すると、子カメラグループが親カメラグループと同じ並びになる不具合を修正。
シングルとマルチで解像度が異なると、マルチビューで1画面を拡大した時にライブ映像が 1秒戻る→進む→1秒戻る→進む を繰り返す不具合の修正。
常時録画にて、録画する映像の解像度が4:3より縦の比率が大きいアスペクト比だと黒いサムネイルが生成されてしまう不具合を修正。
カスタムビューのローテーションを3つ以上登録している環境にて第五世代以前のSONY製カメラが存在する場合、稀にAVCが不正終了する不具合を修正。

-影響範囲:2017/05版~2017/09版のカメラ追加パッチ適用環境
以下の状態のときにカメラ再接続が繰り返し発生する可能性がある問題を修正。
・ライブの場合はカメラとクライアントPCの時刻ズレが30秒を超えている。
・録画の場合はカメラとRSの時刻ズレが30秒を超えている。
・AXIS社製カメラ、または、SHARP社製カメラを利用している。
・H.264/RTP over HTTP、または、H.264/RTP over HTTPSでライブモニタリングか録画を行っている。

■ArobaView 4.0.0向け

[新機種対応(75機種)]
・AXIS F34
・AXIS M1045-LW
・AXIS M1065-L
・AXIS M1065-LW
・AXIS M1145
・AXIS M1145-L
・AXIS M2025-LE
・AXIS M3037-PVE
・AXIS M3044-WV
・AXIS M3047-P
・AXIS M3048-P
・AXIS M3105-L
・AXIS M3105-LVE
・AXIS M3106-L
・AXIS M3106-LVE
・AXIS M5525-E
・AXIS P1254
・AXIS P1425-LE Mk II
・AXIS P3224-LV Mk II
・AXIS P3224-V Mk II
・AXIS P3225-LV Mk II
・AXIS P3225-LVE Mk II
・AXIS P3225-V Mk II
・AXIS P3227-LV
・AXIS P3227-LVE
・AXIS P3707-PE
・AXIS P5514 PTZ
・AXIS P5515
・AXIS P5515-E
・AXIS P5635-E
・AXIS P5635-E MkII
・AXIS Q1615 Mk II
・AXIS Q1615-E Mk II
・AXIS Q6115-E
・AXIS Q6155-E
・Canon VB-M44(B)
・Canon VB-H45(B)
・Canon VB-H651VE
・Canon VB-H730F MkII
・Canon VB-H760VE
・Canon VB-H761LVE
・Canon VB-S30D MkII
・Canon VB-S30VE
・Canon VB-S805D MkII
・Canon VB-S905F MkII
・Canon VB-S910F
・CREWSYSTEMS SI0720TX1-LAN-A
・ELECOM NCB-BP200BWGR
・ELECOM NCB-DP200AWWH
・ELECOM NCB-DP200BUWH
・JVC VN-H28
・JVC VN-H257
・JVC VN-H557
・Panasonic DG-GXE500
・Panasonic WV-S6110
・Panasonic WV-SFN110
・Panasonic WV-SFN130
・Panasonic WV-SFN480
・Panasonic WV-SPW611J
・Panasonic WV-SPW631L
・Panasonic WV-SPW631LJ
・Panasonic WV-SW598
・Panasonic WV-SW598J
・Panasonic WV-SW598A
・Panasonic WV-SW598AJ
・SECURE NC-A220-3MW
・SECURE NC-B320-DP
・SECURE NC-D320-P
・SECURE NC-EA220-WP
・SECURE NC-S220-1Z
・SECURE NC-S220-1ZWH
・SONY SNC-EB602R
・SONY SNC-EM602RC
・TOA N-C3420-3
・TOA N-C3500

[カメラ機能追加(17機種)]
Axisの以下の機種に対して、脆弱性対策ファームウェアに対応しました。
・AXIS P5414-E
・AXIS P5624-E MkII

Canonの以下の機種に対して、v1.1.2のファームウェアとジョイスティックに対応しました。
・Canon VB-R11VE

Axisの以下の機種に対して、v6.50.2.1のファームウェアに対応しました。
・AXIS M3026-VE

Panasonicの以下の機種に対して、H.264の音声(集音、録音)とMotion JPEG/HTTPSに対応しました。
・Panasonic DG-SC385

Panasonicの以下の機種に対して、RTP配信による録画時刻算出ロジックを改善しました。
・Panasonic WV-SC387A

HikVisionの以下の機種に対して、マルチストリームに対応しました。
・HikVision DS-2CD2122FWD-I

SHARPの以下の機種に対して、音声(集音、録音)対応に対応しました。
・SHARP LZ0P431B
・SHARP LZ0P436

SONYの以下の機種に対して、v3.0.0のファームウェアに対応しました。
・SONY SNC-EM600
・SONY SNC-VM600

SECUREの以下のカメラにて10セッション接続に対応しました。
・SECURE NC-A220-3MW
・SECURE NC-B320-DP
・SECURE NC-D320-P
・SECURE NC-EA220-WP
・SECURE NC-S220-1Z
・SECURE NC-S220-1ZWH

[改修された不具合]
-影響範囲:Ver. 3.4.2
レコーディングサーバーおよびエンタープライズサーバーにて、Apacheが不正終了する不具合を修正。
アロバビュークライアントにて、サーバーとの接続が復旧してもライフチェックインジケータが赤いままとなる不具合を修正。
モバイルビューアにて、カメラ操作権限が付与されているアカウントではPTZアイコンが表示されない不具合を修正。

-影響範囲:Ver. 3.4.2 以降
登録されている全カメラ台数が多いと、ビューリストにおいてカメラ名表示が遅延することがある不具合を修正。
多数の子カメラグループを作成すると、子カメラグループが親カメラグループと同じ並びになる不具合を修正。
シングルとマルチで解像度が異なると、マルチビューで1画面を拡大した時にライブ映像が 1秒戻る→進む→1秒戻る→進む を繰り返す不具合の修正。
常時録画にて、録画する映像の解像度が4:3より縦の比率が大きいアスペクト比だと黒いサムネイルが生成されてしまう不具合を修正。
カスタムビューのローテーションを3つ以上登録している環境にて第五世代以前のSONY製カメラが存在する場合、稀にAVCが不正終了する不具合を修正。

-影響範囲:Ver. 4.0.0 以降
AXISの以下の機種に対して、自動登録することができない不具合を修正。
・AXIS M1004-W
・AXIS M2014-E
・AXIS M3024-LVE
・AXIS M3025-VE
・AXIS M3026-VE
・AXIS Q1614(E)
常時録画にてカメラ接続リトライを繰り返している途中に何らかの例外が発生すると、カメラが復旧しても録画が開始されない不具合を修正。

-影響範囲:2017/05版~2017/09版のカメラ追加パッチ適用環境
以下の状態のときにカメラ再接続が繰り返し発生する可能性がある問題を修正。
・ライブの場合はカメラとクライアントPCの時刻ズレが30秒を超えている。
・録画の場合はカメラとRSの時刻ズレが30秒を超えている。
・AXIS社製カメラ、または、SHARP社製カメラを利用している。
・H.264/RTP over HTTP、または、H.264/RTP over HTTPSでライブモニタリングか録画を行っている。

【対象ソフトウェアバージョン】
・ArobaView Enterprise Server Ver3.4.2/4.0.0
・ArobaView Recording Server Ver3.4.2/4.0.0
・ArobaView Gateway Server Ver1.4.2/4.0.0

【事前準備】
・追加されるカメラモジュールを利用するには Microsoft .NET Framework 3.5をインストールする必要があります。
・本プログラムを適用する前に、以下の環境に Microsoft .NET Framework 3.5をインストールしてください。

・対象ソフトウェアがインストールされたPC
・ビューアアプリをダウンロードし利用するPC

【制限事項】
・AXIS M1045-LWについて
・RTP および RTP over HTTP で登録されている場合、モバイルビューアでは下記の解像度でライブ閲覧することができません。
1024x768 / 1280×960 / 1920×1080

・AXIS P1425-LE Mk IIについて
・60fpsで高解像度の場合は、クライアントPCやネットワークの環境により、設定した通りにライブや録画ができない
(映像遅延が発生する)可能性があります。

・AXIS P3225-V/LV/LVE Mk IIについて
・60fpsで高解像度の場合は、クライアントPCやネットワークの環境により、設定した通りにライブや録画ができない
(映像遅延が発生する)可能性があります。

・AXIS P3365-V/P3365-VEについて
・H.264/RTP multicastで接続し難い場合があります(FW6.10.1.1で確認)。

・AXIS Q1615/Q1615-E Mk IIについて
・100/120fpsは非対応です。
・60fpsで高解像度の場合は、クライアントPCやネットワークの環境により、設定した通りにライブや録画ができない
(映像遅延が発生する)可能性があります。

・AXIS Q3505-V/VE Mk IIについて
・100/120fpsは非対応です。
・60fpsで高解像度の場合は、クライアントPCやネットワークの環境により、設定した通りにライブや録画ができない
(映像遅延が発生する)可能性があります。

・AXIS Q6128-Eについて
・4K(3840x2160)解像度は未対応です。
・60fpsで高解像度の場合は、クライアントPCやネットワークの環境により、設定した通りにライブや録画ができない
(映像遅延が発生する)可能性があります。

・AXIS Q6155-Eについて
・60fps指定で高画質設定や分割ビュー表示している場合、実際のフレームレートが60fpsより小さくなることがあります。

・Canon VB-H651VE/VB-H761LVEについて
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSでは発声が未対応です。
・「認証方式」が「Digest認証」の発声は未対応です。

・CANON VB-S905F Mk II/VB-S30D Mk IIについて
・カメラ自動登録には対応していません。

・Canon VB-S910F/VB-S30VEについて
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSでは発声が未対応です。

・CANON VB-S805D MkIIについて
・カメラ自動登録には対応していません。

・ELECOM NCB-BP200BWGR/NCB-DP200AWWH/NCB-DP200BUWHについて
・アロバビューのカメラ自動登録機能による登録ができません。
・カメラ側のMJPEGストリームを無効にしないでください。
・音声対応カメラの録音はできません(ライブでの発声は可能です)。
・H.264/RTP over HTTPでの接続は8000ポート固定となります。
・H.264/RTPとH.264/RTP over HTTPの同時接続を行うことはできません。
・複数の接続を行うとカメラ側の負荷が高まり、期待するフレームレートが出なかったり、
映像がスキップする可能性があります。

・HIKVISION DS-2CD2722FWD-ISについて
・HTTPS通信に対応していません。
・サブストリームのMJPEGは対応していません。
・H.264/RTP over HTTPでの録音は非対応です。

・HIKVISION DS-2DE4220-AE3/DS-2DE4220-AE/DS-2CD2122FWD-Iについて
・HTTPS通信に対応していません。
・サブストリームのMJPEGは対応していません。

・Panasonic WV-SFV311Aについて
・HTTPS通信に対応していません。
・音声に対応していません。

・Panasonic WV-SPN310AVについて
・HTTPS通信には対応していません。
・カメラ自動登録には対応していません。
※WV-SPN310Vが対応されている環境ではWV-SPN310AVがWV-SPN310Vと判断されます。

・Panasonic WV-SPV110について
・HTTPS通信に対応していません。
・音声(集音)に対応していません。

・Panasonic WV-SPW311ALについて
・HTTPS通信に対応していません。
・音声に対応していません。
・カメラ側で1920x1080、最大12288kbps以上、マルチキャスト配信に設定すると、
ArobaViewClientでライブ表示が乱れたり、接続エラーが発生する可能性があります。

・Panasonic WV-SW397NJについて
・HTTPS通信に対応していません。
・音声に対応していません。

・Panasonic WV-SW598/J/A/AJについて
・ArobaView 3.4.2では録音が未対応です。
・発声は未対応です。

・Panasonic WV-SPW631L/LJについて
・ArobaView 3.4.2では録音が未対応です。
・発声は未対応です。

・SECURE NC-A220-3MWについて
・常時録画設定にて配信方法を「RTP」に設定した場合、録音することができません。

・SECURE NC-B320-DPについて
・常時録画設定にて配信方法を「RTP」に設定した場合、録音することができません。

・SECURE NC-D320-Pについて
・常時録画設定にて配信方法を「RTP」に設定した場合、録音することができません。

・SECURE NC-S220-1Zについて
・常時録画設定にて配信方法を「RTP」に設定した場合、録音することができません。

・SECURE NC-S220-1ZWHについて
・常時録画設定にて配信方法を「RTP」に設定した場合、録音することができません。

・SHARP LZ0P421/LZ0P422/LZ0P431B/LZ0P432B/LZ0P436について
・カメラのライフチェックは未対応です。
・フレームレートとGOV Lengthが合っていないときは時刻誤差が発生し、録画が途切れる可能性があります。

・SONY SNC-XM632について
・HTTPS通信に対応していません。
・録音は未対応です。


【特記事項】
・AXIS M1145/M1145-Lについて
・View Areaを有効にする場合、カメラの設定で「Video」→「Cemera Settings」で「Enable View Areas」にチェック
を入れ、「View Areas」→「Add」ボタンで「View Area 2」を追加してください(「View Area 8」まで追加可能)。
・ArobaViewのカメラ登録時にView Area 1は(A1)を、View Area 2は(A2)を「機種」で選択してください。
View Area 3以降も同様です。
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSに対応しています。

・AXIS M2025-LEについて
・View Areaを有効にする場合、カメラの設定で「Video」→「Cemera Settings」で「Enable View Areas」にチェック
を入れ、「View Areas」→「Add」ボタンで「View Area 2」を追加してください。
・ArobaViewのカメラ登録時にView Area 1は(A1)を、View Area 2は(A2)を「機種」で選択してください。
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSに対応しています。

・AXIS M3037-PVEについて
・通倫量が大きくなる配信設定となっている状態や複数のクライアント接続を行うと、カメラ側の負荷が高まり、
期待するフレームレートが出なかったり、映像がスキップする可能性があります。

・AXIS M3044-WVについて
・View Areaを有効にする場合、カメラの設定で「Video」→「Cemera Settings」で「Enable View Areas」にチェック
を入れ、「View Areas」→「Add」ボタンで「View Area 2」を追加してください。
・ArobaViewのカメラ登録時にView Area 1は(A1)を、View Area 2は(A2)を「機種」で選択してください。
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSに対応しています。

・AXIS M3046-Vについて
・View Areaを有効にする場合、カメラの設定で「Video」→「Cemera Settings」で「Enable View Areas」にチェック
を入れ、「View Areas」→「Add」ボタンで「View Area 2」を追加してください。
・View Areaを有効にした場合は2560x1440は選択できません。
・ArobaViewのカメラ登録時にView Area 1は(A1)を、View Area 2は(A2)を「機種」で選択してください。

・AXIS M3047-Pについて
・アロバビューから各ビューエリアの映像を取得するため、カメラ側にて以下の設定が必要となります。
1.ブラウザ(ChromeやFirefox等)からカメラへアクセス
2.設定タブ > システム > プレイン設定 をクリック
3.新規に開かれたページにて、プルダウンから「Image」を選択し、「Select group」ボタンをクリック。
4.Image I0: ~ I11: までのすべての「Enabled」項目にチェックを付ける
5.画面一番下の「Save」ボタンをクリック

・AXIS M3048-Pについて
・アロバビューから各ビューエリアの映像を取得するため、カメラ側にて以下の設定が必要となります。
1.ブラウザ(ChromeやFirefox等)からカメラへアクセス
2.設定タブ > システム > プレイン設定 をクリック
3.新規に開かれたページにて、プルダウンから「Image」を選択し、「Select group」ボタンをクリック
4.Image I0: ~ I11: までのすべての「Enabled」項目にチェックを付ける
5.画面一番下の「Save」ボタンをクリック
・30fps(25fps)での利用は、FisheyeモードにおけるOverviewビューエリアのみとなります。

・AXIS M3105-L/M3105-LVE/M3106-L/M3106-LVEについて
・View Areaを有効にする場合、カメラの設定で「Video」→「Cemera Settings」で「Enable View Areas」にチェック
を入れ、「View Areas」→「Add」ボタンで「View Area 2」を追加してください。
・ArobaViewのカメラ登録時にView Area 1は(A1)を、View Area 2は(A2)を「機種」で選択してください。
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSに対応しています。

・AXIS M3106-L/M3106-LVEについて
・カメラの設定の「Video」→「Cemera Settings」→「Capture mode」で「4MP (2688x1520)」を選択した場合、
ArobaViewのカメラ登録画面の「解像度」で「2560x1440」が設定されたときは無効となります。
逆に「Capture mode」で「QHD (2560x1440)」を選択した場合、カメラ登録画面の「2688x1520」が無効となります。

・AXIS P1065-LWについて
・Wireless LANを使用する場合は特に、十分なネットワーク帯域を確保してください。

・AXIS P1365 Mk II について
・カメラ本体の初期設定画面にて電源周波数を50Hzに設定した場合、
アロバビューの管理者設定画面にてフレームレートを60に設定していても、
実際の表示および録画フレームレートは最大50fpsに制限されます。
これは映像のちらつきを抑制する機能によるもので、カメラ側の仕様です。
60fpsでの表示や録画を必要とされる場合は、一旦カメラを工場出荷時設定に戻し
カメラの初期設定画面にて電源周波数を60Hzに設定して下さい。

・AXIS P1405-E/LEについて
・光学ズームに対応しています。

・AXIS P1425-LE Mk IIについて
・最大60fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video & Audio → Camera Settings → Capture mode → 1080p 1920x1080 (16:9) @ 50/60 fps (no WDR)
・最大30fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video & Audio → Camera Settings → Capture mode → 1080p 1920x1080 (16:9) @ 25/30 fps (WDR)

・AXIS P3225-V/LV/LVE Mk IIについて
・最大60fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video & Audio → Camera Settings → Capture mode → 1080p 1920x1080 (16:9) @ 50/60 fps (no WDR)
・最大30fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video & Audio → Camera Settings → Capture mode → 1080p 1920x1080 (16:9) @ 25/30 fps (WDR)

・AXIS Q1615/Q1615-E Mk IIについて
・最大60fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video & Audio → Camera Settings → Capture mode → 1080p 1920x1080 (16:9) @ 50/60 fps (no WDR)
・最大30fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video & Audio → Camera Settings → Capture mode → 1080p 1920x1080 (16:9) @ 25/30 fps (WDR)
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSに対応しています。
・光学ズームに対応しています。

・AXIS Q3505-V/VE Mk IIについて
・最大60fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video & Audio → Camera Settings → Capture mode → 1080p 1920x1080 (16:9) @ 50/60 fps (no WDR)
・最大30fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video & Audio → Camera Settings → Capture mode → 1080p 1920x1080 (16:9) @ 25/30 fps (WDR)

・AXIS Q6128-Eについて
・最大60fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video → Camera Settings → Capture mode → 1080p 1920x1080 (16:9) @ 60fps
・最大30fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video → Camera Settings → Capture mode → 2160p 3840x2160 (16:9) @ 30fps

・AXIS Q6155-Eについて
・カメラの設定の「Capture mode」で「720p 1280x720 (16:9)」を選択した場合、
ArobaViewのカメラ登録画面の「解像度」で「1920x1080」が設定されたときは無効となります。

・Canon VB-M44(B)について
・Motion JPEGで指定する解像度はカメラ側でも設定が必要です。
以下の3セットを選択した上、その中に含まれる解像度をArobaViewで選択してください。

1) 1280x720 / 640x360 / 320x180
2) 1280x960 / 640x480 / 320x240

・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSに対応しています。
・モバイルビューアで音声を使用する場合、カメラ側の設定が必要です。
[設定メニュー]⇒[サーバー]⇒[RTPサーバー]⇒[RTPストリーム5]の映像サイズを
任意のH.264ストリームに設定し、音声送信を「使用する」に設定してください。

・Canon VB-H45(B)について
・Motion JPEGで指定する解像度はカメラ側でも設定が必要です。
以下の3セットを選択した上、その中に含まれる解像度をArobaViewで選択してください。

1) 1280x720 / 640x360 / 320x180
2) 1280x960 / 640x480 / 320x240
3) 1920x1080 / 960x540 / 480x270

・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSに対応しています。

・Canon VB-H651VE/VB-H761LVEについて
・ArobaView 3.4.2以前の環境でH.264を使用する場合、カメラ側のRTPサーバー設定で以下のように設定してください。
S1)「RTPストリーム1」で「映像サイズ」に「H.264(1)」を設定
S2)「RTPストリーム2」で「映像サイズ」に「H.264(2)」を設定

・ArobaView 4.0.0以降の環境でH.264を使用する場合、カメラ側のRTPサーバー設定で「H.264(1)」と「H.264(2)」を
適切に割り当てた上で、ArobaView側のカメラ登録時に「映像」でRTPストリーム番号を選択してください。

・Motion JPEGで指定する解像度はカメラ側でも設定が必要です。
以下の3セットを選択した上、その中に含まれる解像度をArobaViewで選択してください。

1) 1280x960 / 640x480 / 320x240
2) 1280x720 / 640x360 / 320x180
3) 1920x1080 / 960x540 / 480x270

・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSに対応しています。
・Motion JPEG/HTTPで集音/発音、Motion JPEG/HTTPSで集音に対応しています。
・ArobaView 4.0.0以降の環境でH.264を使用する場合、録音に対応しています。

・Canon VB-H760VEについて
・ArobaView 3.4.2以前の環境でH.264を使用する場合、カメラ側のRTPサーバー設定で以下のように設定してください。
S1)「RTPストリーム1」で「映像サイズ」に「H.264(1)」を設定
S2)「RTPストリーム2」で「映像サイズ」に「H.264(2)」を設定

・ArobaView 4.0.0以降の環境でH.264を使用する場合、カメラ側のRTPサーバー設定で「H.264(1)」と「H.264(2)」を
適切に割り当てた上で、ArobaView側のカメラ登録時に「映像」でRTPストリーム番号を選択してください。

・Motion JPEGで指定する解像度はカメラ側でも設定が必要です。
以下の3セットを選択した上、その中に含まれる解像度をArobaViewで選択してください。

1) 1280x960 / 640x480 / 320x240
2) 1280x720 / 640x360 / 320x180
3) 1920x1080 / 960x540 / 480x270

・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSに対応しています。

・Canon VB-H652LVEについて
・Motion JPEGで指定する解像度はカメラ側でも設定が必要です。
以下の3セットを選択した上、その中に含まれる解像度をArobaViewで選択してください。

1) 1280x720 / 640x360 / 320x180
2) 1280x960 / 640x480 / 320x240
3) 1920x1080 / 960x540 / 480x270

・Motion JPEG/HTTP、Motion JPEG/HTTPSでも集音/発声に対応しています。
・録音は未対応です。

・Canon VB-R13について
・Motion JPEGで指定する解像度はカメラ側でも設定が必要です。
以下の3セットを選択した上、その中に含まれる解像度をArobaViewで選択してください。

1) 1280x720 / 640x360 / 320x180
2) 1280x960 / 640x480 / 320x240
3) 1920x1080 / 960x540 / 480x270

・Motion JPEG/HTTP、Motion JPEG/HTTPSでも集音/発声に対応しています。
・録音は未対応です。

・Canon VB-S910F/VB-S30VEについて
・ArobaView 3.2.1以前の環境でH.264を使用する場合、カメラ側のRTPサーバー設定で以下のように設定してください。
S1)「RTPストリーム1」で「映像サイズ」に「H.264(1)」を設定
S2)「RTPストリーム2」で「映像サイズ」に「H.264(2)」を設定

・ArobaView 4.0.0以降の環境でH.264を使用する場合、カメラ側のRTPサーバー設定で「H.264(1)」と「H.264(2)」を
適切に割り当てた上で、ArobaView側のカメラ登録時に「映像」でRTPストリーム番号を選択してください。

・Motion JPEGで指定する解像度はカメラ側でも設定が必要です。
以下の3セットを選択した上、その中に含まれる解像度をArobaViewで選択してください。

1) 1280x960 / 640x480 / 320x240
2) 1280x720 / 640x360 / 320x180
3) 1920x1080 / 960x540 / 480x270

・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSに対応しています。
・Motion JPEG/HTTPで集音/発音、Motion JPEG/HTTPSで集音に対応しています。

・ArobaView 4.0.0以降の環境でH.264を使用する場合、録音に対応しています。

・CREWSYSTEMS SI0720TX1-LAN-Aについて
・SeeIT連携時、カメラ再起動および、ログ取得は非対応となります。
※Onvif未対応のため。

・HIKVISION DS-2DE4220-AE3/DS-2DE4220-AEについて
・音声を受信(集音)するためにはカメラ側の設定でストリームタイプごとに、「基本設定」→「映像/音声」の
「ビデオタイプ」を「映像&音声」に設定してください。
・カメラ操作を行うためには.NET Frameworkが必要です。

・JVC VN-H557について
・MotionJPEGをご利用の場合、カメラ側設定のエンコーダ No.1にて「JPEG」を選択してください。
 アロバビュー側の(E1)、(E1,E2)、(E1,E3)のすべてにおいて、エンコーダ No.1の設定が反映されます。

・Panasonic WV-S6110について
・カメラ側にて設定を変更した場合、セッションが切断されます。
・カメラ側設定変更によってセッションが切断された場合、再接続が可能になるまで1分程かかります。

・Panasonic WV-SFN480について
・デジタルPTZ可能をご利用の場合、以下のいずれかの撮像モードを選択してください。
 4画PTZ
 1画PTZ

・Panasonic BB-SC364について
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSは未対応です。
・音声(集音と発声)は未対応です。
・ジョイスティックは未対応です。

・Panasonic BB-SC384Bについて
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSは未対応です。
・音声(集音や発声)は未対応です。
・ジョイスティックは未対応です。

・SHARP LZ0P421/LZ0P422について
・H.264/RTP over HTTPで使用する場合、ポート番号に8080を指定してください。


【注意事項】
・HIKVISION DS-2DE4220-AE3/DS-2DE4220-AEについて
・本プログラムで追加されるカメラモジュールは Microsoft .NET Framework を利用しているため
ビューアアプリにてカメラ操作を行う場合、リモコンを表示してから操作可能になるまで時間がかかる場合があります。
・Motion JPEGに対応していないため、Gateway Serverには非対応です。

・SHARP LZ0P421/LZ0P422/LZ0P431B/LZ0P432B/LZ0P436について
・Motion JPEGに対応していないため、Gateway Serverには非対応です。

・TOA N-C3700/N-C3820-3について
・Motion JPEGに対応していないため、Gateway Serverには非対応です。


【適用手順】
1.「Autorun_patch.exe」、「w32_Autorun_patch.exe」、「x64_Autorun_patch.exe」
および「patch」フォルダを ArobaViewが稼働するサーバにコピーします。

2.アップデートを実行する前に、サービスコントロールセンターを終了します。
※サービスコントロールセンターを終了せずに実行した場合、当パッチを正しく適用できませんので、ご注意ください。

3.「Autorun_patch.exe」を右クリックし管理者として実行してください。
※「w32_Autorun_patch.exe」「x64_Autorun_patch.exe」を実行しないでください。

4.ArobaView修正プログラムが起動し「修正プログラムを実行します」と表示されますので、<実行>をクリックします。

5.修正プログラムが正常に適用された場合、「修正プログラムの適用が成功しました」と表示されますので、
 <OK>と<終了>をクリックしてプログラムを終了してください。

6.手順1でコピーしたファイルとフォルダを削除します。

7.ArobaViewClient, ArobaViewPlayer をサーバーからダウンロードして更新してください。

投稿者 : support_admin 投稿日時: 2018-1-23 (437 ヒット)
トピックス
アロバビューVer3.4.2/Ver4.0.0 向け、カメラ追加パッチプログラムをリリースいたしましたので、ご案内申し上げます。

 こちらからダウンロードいただけます。(ダウンロードにはログインが必要です)

https://secure.arobaview.com/support/modules/d3downloads_2/index.php?page=singlefile&cid=126&lid=103

すでに過去リリースされたVer3.4.2/Ver4.0.0 向けカメラ追加パッチプログラムを適用済みの環境にも
本パッチプログラムを適用いただけます。

【注意事項】
 パッチ適用環境へMicrosoft .NET Framework 3.5のインストールが必要です。
 インストールされていない環境へはパッチプログラムを適用することができませんのであらかじめご了承ください。

 アロバビュークライアントをダウンロードするPCについても同様にMicrosoft .NET Framework 3.5のインストールが
 必要となりますのでご注意ください。

本パッチプログラムにより追加される機種・ファームウェアは以下の通りです。


【内容】
■ArobaView 3.4.2向け

[新機種対応(98機種)]
・AXIS F34
・AXIS M1045-LW
・AXIS M1065-L
・AXIS M1065-LW
・AXIS M1145
・AXIS M1145-L
・AXIS M2025-LE
・AXIS M3037-PVE
・AXIS M3044-WV
・AXIS M3046-V
・AXIS M3048-P
・AXIS M3105-L
・AXIS M3105-LVE
・AXIS M3106-L
・AXIS M3106-LVE
・AXIS P1254
・AXIS P1365 Mk II
・AXIS P1405-E
・AXIS P1405-LE
・AXIS P1425-LE Mk II
・AXIS P3224-LV Mk II
・AXIS P3224-V Mk II
・AXIS P3225-LV Mk II
・AXIS P3225-LVE Mk II
・AXIS P3225-V Mk II
・AXIS P3227-LV
・AXIS P3227-LVE
・AXIS P3707-PE
・AXIS P5514 PTZ
・AXIS P5515
・AXIS P5515-E
・AXIS P5624-E Mk II
・AXIS P5635-E
・AXIS P5635-E MkII
・AXIS Q1615 Mk II
・AXIS Q1615-E Mk II
・AXIS Q3505-V Mk II
・AXIS Q3505-VE Mk II
・AXIS Q6054-E
・AXIS Q6115-E
・AXIS Q6128-E
・AXIS Q6155-E
・AXIS V5915
・Canon VB-H45(B)
・Canon VB-H651VE
・Canon VB-H652LVE
・Canon VB-H760VE
・Canon VB-H761LVE
・Canon VB-R13
・Canon VB-S30D MkII
・Canon VB-S30VE
・Canon VB-S805D MkII
・Canon VB-S905F MkII
・Canon VB-S910F
・CREWSYSTEMS SI0720TX1-LAN-A
・ELECOM NCB-BP200BWGR
・ELECOM NCB-DP200AWWH
・ELECOM NCB-DP200BUWH
・HIKVISION DS-2CD2122FWD-I
・HIKVISION DS-2CD2722FWD-IS
・HIKVISION DS-2DE4220-AE
・HIKVISION DS-2DE4220-AE3
・JVC VN-H28
・JVC VN-H557
・Panasonic BB-SC364
・Panasonic BB-SC384B
・Panasonic DG-GXE500
・Panasonic WV-S6110
・Panasonic WV-SFN110
・Panasonic WV-SFN130
・Panasonic WV-SFN480
・Panasonic WV-SFV110
・Panasonic WV-SFV311A
・Panasonic WV-SPN310AV
・Panasonic WV-SPW311AL
・Panasonic WV-SPW611J
・Panasonic WV-SPW631L
・Panasonic WV-SPW631LJ
・Panasonic WV-SW397NJ
・Panasonic WV-SW598
・Panasonic WV-SW598J
・Panasonic WV-SW598A
・Panasonic WV-SW598AJ
・SHARP LZ0P421
・SHARP LZ0P422
・SHARP LZ0P431B
・SHARP LZ0P432B
・SHARP LZ0P436
・SONY SNC-EB602R
・SONY SNC-EM602RC
・SONY SNC-WR630
・SONY SNC-WR632(C)
・SONY SNC-XM632
・TOA N-C3220-3
・TOA N-C3420-3
・TOA N-C3500
・TOA N-C3700
・TOA N-C3820-3

[カメラ機能追加(13機種)]
Axisの以下の機種に対して、脆弱性対策ファームウェアに対応にしました。
・AXIS P5414-E
・AXIS P5624-E MkII

Canonの以下の機種に対して、v1.1.2のファームウェアとジョイスティックに対応しました。
・VB-R11VE

Axisの以下の機種に対して、v6.10.1.1のファームウェアに対応しました。
・AXIS P3365-V
・AXIS P3365-VE

Axisの以下の機種に対して、60fpsを追加しました。
・AXIS P1365

HikVisionの以下の機種に対して、v5.3.0 build 151029のファームウェアに対応しました。
・HIKVISION DS-2DE2103-DE3/W

Panasonicの以下の機種に対して、Motion JPEG/HTTPSに対応しました。
・Panasonic DG-SC385

HikVisionの以下の機種に対して、マルチストリームに対応しました。
・HikVision DS-2CD2122FWD-I

SHARPの以下の機種に対して、音声(集音、録音)対応に対応しました。
・SHARP LZ0P431B
・SHARP LZ0P436

SONYの以下の機種に対して、v3.0.0のファームウェアに対応しました。
・SONY SNC-EM600
・SONY SNC-VM600

[改修された不具合]
-影響範囲:Ver. 3.4.0 以降
HikVisionの以下の機種に対して、カメラ操作が動作しない不具合を修正。
・HIKVISION DS-2DE2103-DE3/W
AXISの以下の機種に対して、自動登録することができない不具合を修正。
・AXIS M1004-W
・AXIS M2014-E
・AXIS M3024-LVE
・AXIS M3025-VE
・AXIS M3026-VE
・AXIS Q1614(E)

-影響範囲:Ver. 3.4.2
レコーディングサーバーおよびエンタープライズサーバーにて、Apacheが不正終了する不具合を修正。
アロバビュークライアントにて、サーバーとの接続が復旧してもライフチェックインジケータが赤いままとなる不具合を修正。
モバイルビューアにて、カメラ操作権限が付与されているアカウントではPTZアイコンが表示されない不具合を修正。

-影響範囲:Ver. 3.4.2 以降
登録されている全カメラ台数が多いと、ビューリストにおいてカメラ名表示が遅延することがある不具合を修正。
多数の子カメラグループを作成すると、子カメラグループが親カメラグループと同じ並びになる不具合を修正。
シングルとマルチで解像度が異なると、マルチビューで1画面を拡大した時にライブ映像が 1秒戻る→進む→1秒戻る→進む を繰り返す不具合の修正。
常時録画にて、録画する映像の解像度が4:3より縦の比率が大きいアスペクト比だと黒いサムネイルが生成されてしまう不具合を修正。

-影響範囲:2017/05版~2017/09版のカメラ追加パッチ適用環境
以下の状態のときにカメラ再接続が繰り返し発生する可能性がある問題を修正。
・ライブの場合はカメラとクライアントPCの時刻ズレが30秒を超えている。
・録画の場合はカメラとRSの時刻ズレが30秒を超えている。
・AXIS社製カメラ、または、SHARP社製カメラを利用している。
・H.264/RTP over HTTP、または、H.264/RTP over HTTPSでライブモニタリングか録画を行っている。

■ArobaView 4.0.0向け

[新機種対応(70機種)]
・AXIS F34
・AXIS M1045-LW
・AXIS M1065-L
・AXIS M1065-LW
・AXIS M1145
・AXIS M1145-L
・AXIS M2025-LE
・AXIS M3037-PVE
・AXIS M3044-WV
・AXIS M3048-P
・AXIS M3105-L
・AXIS M3105-LVE
・AXIS M3106-L
・AXIS M3106-LVE
・AXIS P1254
・AXIS P1425-LE Mk II
・AXIS P3224-LV Mk II
・AXIS P3224-V Mk II
・AXIS P3225-LV Mk II
・AXIS P3225-LVE Mk II
・AXIS P3225-V Mk II
・AXIS P3227-LV
・AXIS P3227-LVE
・AXIS P3707-PE
・AXIS P5514 PTZ
・AXIS P5515
・AXIS P5515-E
・AXIS P5635-E
・AXIS P5635-E MkII
・AXIS Q1615 Mk II
・AXIS Q1615-E Mk II
・AXIS Q6115-E
・AXIS Q6155-E
・Canon VB-H45(B)
・Canon VB-H651VE
・Canon VB-H760VE
・Canon VB-H761LVE
・Canon VB-S30D MkII
・Canon VB-S30VE
・Canon VB-S805D MkII
・Canon VB-S905F MkII
・Canon VB-S910F
・CREWSYSTEMS SI0720TX1-LAN-A
・ELECOM NCB-BP200BWGR
・ELECOM NCB-DP200AWWH
・ELECOM NCB-DP200BUWH
・JVC VN-H28
・JVC VN-H557
・Panasonic DG-GXE500
・Panasonic WV-S6110
・Panasonic WV-SFN110
・Panasonic WV-SFN130
・Panasonic WV-SFN480
・Panasonic WV-SPW611J
・Panasonic WV-SPW631L
・Panasonic WV-SPW631LJ
・Panasonic WV-SW598
・Panasonic WV-SW598J
・Panasonic WV-SW598A
・Panasonic WV-SW598AJ
・SECURE NC-A220-3MW
・SECURE NC-B320-DP
・SECURE NC-D320-P
・SECURE NC-EA220-WP
・SECURE NC-S220-1Z
・SECURE NC-S220-1ZWH
・SONY SNC-EB602R
・SONY SNC-EM602RC
・TOA N-C3420-3
・TOA N-C3500

[カメラ機能追加(9機種)]
Axisの以下の機種に対して、脆弱性対策ファームウェアに対応しました。
・AXIS P5414-E
・AXIS P5624-E MkII

Canonの以下の機種に対して、v1.1.2のファームウェアとジョイスティックに対応しました。
・VB-R11VE

Panasonicの以下の機種に対して、H.264の音声(集音、録音)とMotion JPEG/HTTPSに対応しました。
・Panasonic DG-SC385

HikVisionの以下の機種に対して、マルチストリームに対応しました。
・HikVision DS-2CD2122FWD-I

SHARPの以下の機種に対して、音声(集音、録音)対応に対応しました。
・SHARP LZ0P431B
・SHARP LZ0P436

SONYの以下の機種に対して、v3.0.0のファームウェアに対応しました。
・SONY SNC-EM600
・SONY SNC-VM600

[改修された不具合]
-影響範囲:Ver. 3.4.2
レコーディングサーバーおよびエンタープライズサーバーにて、Apacheが不正終了する不具合を修正。
アロバビュークライアントにて、サーバーとの接続が復旧してもライフチェックインジケータが赤いままとなる不具合を修正。
モバイルビューアにて、カメラ操作権限が付与されているアカウントではPTZアイコンが表示されない不具合を修正。

-影響範囲:Ver. 3.4.2 以降
登録されている全カメラ台数が多いと、ビューリストにおいてカメラ名表示が遅延することがある不具合を修正。
多数の子カメラグループを作成すると、子カメラグループが親カメラグループと同じ並びになる不具合を修正。
シングルとマルチで解像度が異なると、マルチビューで1画面を拡大した時にライブ映像が 1秒戻る→進む→1秒戻る→進む を繰り返す不具合の修正。
常時録画にて、録画する映像の解像度が4:3より縦の比率が大きいアスペクト比だと黒いサムネイルが生成されてしまう不具合を修正。

-影響範囲:Ver. 4.0.0 以降
AXISの以下の機種に対して、自動登録することができない不具合を修正。
・AXIS M1004-W
・AXIS M2014-E
・AXIS M3024-LVE
・AXIS M3025-VE
・AXIS M3026-VE
・AXIS Q1614(E)
常時録画にてカメラ接続リトライを繰り返している途中に何らかの例外が発生すると、カメラが復旧しても録画が開始されない不具合を修正。

-影響範囲:2017/05版~2017/09版のカメラ追加パッチ適用環境
以下の状態のときにカメラ再接続が繰り返し発生する可能性がある問題を修正。
・ライブの場合はカメラとクライアントPCの時刻ズレが30秒を超えている。
・録画の場合はカメラとRSの時刻ズレが30秒を超えている。
・AXIS社製カメラ、または、SHARP社製カメラを利用している。
・H.264/RTP over HTTP、または、H.264/RTP over HTTPSでライブモニタリングか録画を行っている。

【対象ソフトウェアバージョン】
・ArobaView Enterprise Server Ver3.4.2/4.0.0
・ArobaView Recording Server Ver3.4.2/4.0.0
・ArobaView Gateway Server Ver1.4.2/4.0.0


【事前準備】
・追加されるカメラモジュールを利用するには Microsoft .NET Framework 3.5をインストールする必要があります。
・本プログラムを適用する前に、以下の環境に Microsoft .NET Framework 3.5をインストールしてください。

・対象ソフトウェアがインストールされたPC
・ビューアアプリをダウンロードし利用するPC

【制限事項】
・AXIS M1045-LWについて
・RTP および RTP over HTTP で登録されている場合、モバイルビューアでは下記の解像度でライブ閲覧することができません。
1024x768 / 1280×960 / 1920×1080

・AXIS P1425-LE Mk IIについて
・60fpsで高解像度の場合は、クライアントPCやネットワークの環境により、設定した通りにライブや録画ができない
(映像遅延が発生する)可能性があります。

・AXIS P3225-V/LV/LVE Mk IIについて
・60fpsで高解像度の場合は、クライアントPCやネットワークの環境により、設定した通りにライブや録画ができない
(映像遅延が発生する)可能性があります。

・AXIS P3365-V/P3365-VEについて
・H.264/RTP multicastで接続し難い場合があります(FW6.10.1.1で確認)。

・AXIS Q1615/Q1615-E Mk IIについて
・100/120fpsは非対応です。
・60fpsで高解像度の場合は、クライアントPCやネットワークの環境により、設定した通りにライブや録画ができない
(映像遅延が発生する)可能性があります。

・AXIS Q3505-V/VE Mk IIについて
・100/120fpsは非対応です。
・60fpsで高解像度の場合は、クライアントPCやネットワークの環境により、設定した通りにライブや録画ができない
(映像遅延が発生する)可能性があります。

・AXIS Q6128-Eについて
・4K(3840x2160)解像度は未対応です。
・60fpsで高解像度の場合は、クライアントPCやネットワークの環境により、設定した通りにライブや録画ができない
(映像遅延が発生する)可能性があります。

・AXIS Q6155-Eについて
・60fps指定で高画質設定や分割ビュー表示している場合、実際のフレームレートが60fpsより小さくなることがあります。

・Canon VB-H651VE/VB-H761LVEについて
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSでは発声が未対応です。
・「認証方式」が「Digest認証」の発声は未対応です。

・CANON VB-S905F Mk II/VB-S30D Mk IIについて
・カメラ自動登録には対応していません。

・Canon VB-S910F/VB-S30VEについて
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSでは発声が未対応です。

・CANON VB-S805D MkIIについて
・カメラ自動登録には対応していません。

・ELECOM NCB-BP200BWGR/NCB-DP200AWWH/NCB-DP200BUWHについて
・アロバビューのカメラ自動登録機能による登録ができません。
・カメラ側のMJPEGストリームを無効にしないでください。
・音声対応カメラの録音はできません(ライブでの発声は可能です)。
・H.264/RTP over HTTPでの接続は8000ポート固定となります。
・H.264/RTPとH.264/RTP over HTTPの同時接続を行うことはできません。
・複数の接続を行うとカメラ側の負荷が高まり、期待するフレームレートが出なかったり、
映像がスキップする可能性があります。

・HIKVISION DS-2CD2722FWD-ISについて
・HTTPS通信に対応していません。
・サブストリームのMJPEGは対応していません。
・H.264/RTP over HTTPでの録音は非対応です。

・HIKVISION DS-2DE4220-AE3/DS-2DE4220-AE/DS-2CD2122FWD-Iについて
・HTTPS通信に対応していません。
・サブストリームのMJPEGは対応していません。

・Panasonic WV-SFV311Aについて
・HTTPS通信に対応していません。
・音声に対応していません。

・Panasonic WV-SPN310AVについて
・HTTPS通信には対応していません。
・カメラ自動登録には対応していません。
※WV-SPN310Vが対応されている環境ではWV-SPN310AVがWV-SPN310Vと判断されます。

・Panasonic WV-SPV110について
・HTTPS通信に対応していません。
・音声(集音)に対応していません。

・Panasonic WV-SPW311ALについて
・HTTPS通信に対応していません。
・音声に対応していません。
・カメラ側で1920x1080、最大12288kbps以上、マルチキャスト配信に設定すると、
ArobaViewClientでライブ表示が乱れたり、接続エラーが発生する可能性があります。

・Panasonic WV-SW397NJについて
・HTTPS通信に対応していません。
・音声に対応していません。

・Panasonic WV-SW598/J/A/AJについて
・ArobaView 3.4.2では録音が未対応です。
・発声は未対応です。

・Panasonic WV-SPW631L/LJについて
・ArobaView 3.4.2では録音が未対応です。
・発声は未対応です。

・SECURE NC-A220-3MWについて
・常時録画設定にて配信方法を「RTP」に設定した場合、録音することができません。

・SECURE NC-B320-DPについて
・常時録画設定にて配信方法を「RTP」に設定した場合、録音することができません。

・SECURE NC-D320-Pについて
・常時録画設定にて配信方法を「RTP」に設定した場合、録音することができません。

・SECURE NC-S220-1Zについて
・常時録画設定にて配信方法を「RTP」に設定した場合、録音することができません。

・SECURE NC-S220-1ZWHについて
・常時録画設定にて配信方法を「RTP」に設定した場合、録音することができません。

・SHARP LZ0P421/LZ0P422/LZ0P431B/LZ0P432B/LZ0P436について
・カメラのライフチェックは未対応です。
・フレームレートとGOV Lengthが合っていないときは時刻誤差が発生し、録画が途切れる可能性があります。

・SONY SNC-XM632について
・HTTPS通信に対応していません。
・録音は未対応です。


【特記事項】
・AXIS M1145/M1145-Lについて
・View Areaを有効にする場合、カメラの設定で「Video」→「Cemera Settings」で「Enable View Areas」にチェック
を入れ、「View Areas」→「Add」ボタンで「View Area 2」を追加してください(「View Area 8」まで追加可能)。
・ArobaViewのカメラ登録時にView Area 1は(A1)を、View Area 2は(A2)を「機種」で選択してください。
View Area 3以降も同様です。
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSに対応しています。

・AXIS M2025-LEについて
・View Areaを有効にする場合、カメラの設定で「Video」→「Cemera Settings」で「Enable View Areas」にチェック
を入れ、「View Areas」→「Add」ボタンで「View Area 2」を追加してください。
・ArobaViewのカメラ登録時にView Area 1は(A1)を、View Area 2は(A2)を「機種」で選択してください。
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSに対応しています。

・AXIS M3037-PVEについて
・通倫量が大きくなる配信設定となっている状態や複数のクライアント接続を行うと、カメラ側の負荷が高まり、
期待するフレームレートが出なかったり、映像がスキップする可能性があります。

・AXIS M3044-WVについて
・View Areaを有効にする場合、カメラの設定で「Video」→「Cemera Settings」で「Enable View Areas」にチェック
を入れ、「View Areas」→「Add」ボタンで「View Area 2」を追加してください。
・ArobaViewのカメラ登録時にView Area 1は(A1)を、View Area 2は(A2)を「機種」で選択してください。
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSに対応しています。

・AXIS M3046-Vについて
・View Areaを有効にする場合、カメラの設定で「Video」→「Cemera Settings」で「Enable View Areas」にチェック
を入れ、「View Areas」→「Add」ボタンで「View Area 2」を追加してください。
・View Areaを有効にした場合は2560x1440は選択できません。
・ArobaViewのカメラ登録時にView Area 1は(A1)を、View Area 2は(A2)を「機種」で選択してください。

・AXIS M3048-Pについて
・アロバビューから各ビューエリアの映像を取得するため、カメラ側にて以下の設定が必要となります。
1.ブラウザ(ChromeやFirefox等)からカメラへアクセス
2.設定タブ > システム > プレイン設定 をクリック
3.新規に開かれたページにて、プルダウンから「Image」を選択し、「Select group」ボタンをクリック
4.Image I0: ~ I11: までのすべての「Enabled」項目にチェックを付ける
5.画面一番下の「Save」ボタンをクリック
・30fps(25fps)での利用は、FisheyeモードにおけるOverviewビューエリアのみとなります。

・AXIS M3105-L/M3105-LVE/M3106-L/M3106-LVEについて
・View Areaを有効にする場合、カメラの設定で「Video」→「Cemera Settings」で「Enable View Areas」にチェック
を入れ、「View Areas」→「Add」ボタンで「View Area 2」を追加してください。
・ArobaViewのカメラ登録時にView Area 1は(A1)を、View Area 2は(A2)を「機種」で選択してください。
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSに対応しています。

・AXIS M3106-L/M3106-LVEについて
・カメラの設定の「Video」→「Cemera Settings」→「Capture mode」で「4MP (2688x1520)」を選択した場合、
ArobaViewのカメラ登録画面の「解像度」で「2560x1440」が設定されたときは無効となります。
逆に「Capture mode」で「QHD (2560x1440)」を選択した場合、カメラ登録画面の「2688x1520」が無効となります。

・AXIS P1065-LWについて
・Wireless LANを使用する場合は特に、十分なネットワーク帯域を確保してください。

・AXIS P1365 Mk II について
・カメラ本体の初期設定画面にて電源周波数を50Hzに設定した場合、
アロバビューの管理者設定画面にてフレームレートを60に設定していても、
実際の表示および録画フレームレートは最大50fpsに制限されます。
これは映像のちらつきを抑制する機能によるもので、カメラ側の仕様です。
60fpsでの表示や録画を必要とされる場合は、一旦カメラを工場出荷時設定に戻し
カメラの初期設定画面にて電源周波数を60Hzに設定して下さい。

・AXIS P1405-E/LEについて
・光学ズームに対応しています。

・AXIS P1425-LE Mk IIについて
・最大60fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video & Audio → Camera Settings → Capture mode → 1080p 1920x1080 (16:9) @ 50/60 fps (no WDR)
・最大30fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video & Audio → Camera Settings → Capture mode → 1080p 1920x1080 (16:9) @ 25/30 fps (WDR)

・AXIS P3225-V/LV/LVE Mk IIについて
・最大60fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video & Audio → Camera Settings → Capture mode → 1080p 1920x1080 (16:9) @ 50/60 fps (no WDR)
・最大30fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video & Audio → Camera Settings → Capture mode → 1080p 1920x1080 (16:9) @ 25/30 fps (WDR)

・AXIS Q1615/Q1615-E Mk IIについて
・最大60fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video & Audio → Camera Settings → Capture mode → 1080p 1920x1080 (16:9) @ 50/60 fps (no WDR)
・最大30fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video & Audio → Camera Settings → Capture mode → 1080p 1920x1080 (16:9) @ 25/30 fps (WDR)
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSに対応しています。
・光学ズームに対応しています。

・AXIS Q3505-V/VE Mk IIについて
・最大60fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video & Audio → Camera Settings → Capture mode → 1080p 1920x1080 (16:9) @ 50/60 fps (no WDR)
・最大30fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video & Audio → Camera Settings → Capture mode → 1080p 1920x1080 (16:9) @ 25/30 fps (WDR)

・AXIS Q6128-Eについて
・最大60fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video → Camera Settings → Capture mode → 1080p 1920x1080 (16:9) @ 60fps
・最大30fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video → Camera Settings → Capture mode → 2160p 3840x2160 (16:9) @ 30fps

・AXIS Q6155-Eについて
・カメラの設定の「Capture mode」で「720p 1280x720 (16:9)」を選択した場合、
ArobaViewのカメラ登録画面の「解像度」で「1920x1080」が設定されたときは無効となります。

・Canon VB-H45(B)について
・Motion JPEGで指定する解像度はカメラ側でも設定が必要です。
以下の3セットを選択した上、その中に含まれる解像度をArobaViewで選択してください。

1) 1280x720 / 640x360 / 320x180
2) 1280x960 / 640x480 / 320x240
3) 1920x1080 / 960x540 / 480x270

・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSに対応しています。

・Canon VB-H651VE/VB-H761LVEについて
・ArobaView 3.4.2以前の環境でH.264を使用する場合、カメラ側のRTPサーバー設定で以下のように設定してください。
S1)「RTPストリーム1」で「映像サイズ」に「H.264(1)」を設定
S2)「RTPストリーム2」で「映像サイズ」に「H.264(2)」を設定

・ArobaView 4.0.0以降の環境でH.264を使用する場合、カメラ側のRTPサーバー設定で「H.264(1)」と「H.264(2)」を
適切に割り当てた上で、ArobaView側のカメラ登録時に「映像」でRTPストリーム番号を選択してください。

・Motion JPEGで指定する解像度はカメラ側でも設定が必要です。
以下の3セットを選択した上、その中に含まれる解像度をArobaViewで選択してください。

1) 1280x960 / 640x480 / 320x240
2) 1280x720 / 640x360 / 320x180
3) 1920x1080 / 960x540 / 480x270

・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSに対応しています。
・Motion JPEG/HTTPで集音/発音、Motion JPEG/HTTPSで集音に対応しています。
・ArobaView 4.0.0以降の環境でH.264を使用する場合、録音に対応しています。

・Canon VB-H760VEについて
・ArobaView 3.4.2以前の環境でH.264を使用する場合、カメラ側のRTPサーバー設定で以下のように設定してください。
S1)「RTPストリーム1」で「映像サイズ」に「H.264(1)」を設定
S2)「RTPストリーム2」で「映像サイズ」に「H.264(2)」を設定

・ArobaView 4.0.0以降の環境でH.264を使用する場合、カメラ側のRTPサーバー設定で「H.264(1)」と「H.264(2)」を
適切に割り当てた上で、ArobaView側のカメラ登録時に「映像」でRTPストリーム番号を選択してください。

・Motion JPEGで指定する解像度はカメラ側でも設定が必要です。
以下の3セットを選択した上、その中に含まれる解像度をArobaViewで選択してください。

1) 1280x960 / 640x480 / 320x240
2) 1280x720 / 640x360 / 320x180
3) 1920x1080 / 960x540 / 480x270

・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSに対応しています。

・Canon VB-H652LVEについて
・Motion JPEGで指定する解像度はカメラ側でも設定が必要です。
以下の3セットを選択した上、その中に含まれる解像度をArobaViewで選択してください。

1) 1280x720 / 640x360 / 320x180
2) 1280x960 / 640x480 / 320x240
3) 1920x1080 / 960x540 / 480x270

・Motion JPEG/HTTP、Motion JPEG/HTTPSでも集音/発声に対応しています。
・録音は未対応です。

・Canon VB-R13について
・Motion JPEGで指定する解像度はカメラ側でも設定が必要です。
以下の3セットを選択した上、その中に含まれる解像度をArobaViewで選択してください。

1) 1280x720 / 640x360 / 320x180
2) 1280x960 / 640x480 / 320x240
3) 1920x1080 / 960x540 / 480x270

・Motion JPEG/HTTP、Motion JPEG/HTTPSでも集音/発声に対応しています。
・録音は未対応です。

・Canon VB-S910F/VB-S30VEについて
・ArobaView 3.2.1以前の環境でH.264を使用する場合、カメラ側のRTPサーバー設定で以下のように設定してください。
S1)「RTPストリーム1」で「映像サイズ」に「H.264(1)」を設定
S2)「RTPストリーム2」で「映像サイズ」に「H.264(2)」を設定

・ArobaView 4.0.0以降の環境でH.264を使用する場合、カメラ側のRTPサーバー設定で「H.264(1)」と「H.264(2)」を
適切に割り当てた上で、ArobaView側のカメラ登録時に「映像」でRTPストリーム番号を選択してください。

・Motion JPEGで指定する解像度はカメラ側でも設定が必要です。
以下の3セットを選択した上、その中に含まれる解像度をArobaViewで選択してください。

1) 1280x960 / 640x480 / 320x240
2) 1280x720 / 640x360 / 320x180
3) 1920x1080 / 960x540 / 480x270

・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSに対応しています。
・Motion JPEG/HTTPで集音/発音、Motion JPEG/HTTPSで集音に対応しています。

・ArobaView 4.0.0以降の環境でH.264を使用する場合、録音に対応しています。

・CREWSYSTEMS SI0720TX1-LAN-Aについて
・SeeIT連携時、カメラ再起動および、ログ取得は非対応となります。
※Onvif未対応のため。

・HIKVISION DS-2DE4220-AE3/DS-2DE4220-AEについて
・音声を受信(集音)するためにはカメラ側の設定でストリームタイプごとに、「基本設定」→「映像/音声」の
「ビデオタイプ」を「映像&音声」に設定してください。
・カメラ操作を行うためには.NET Frameworkが必要です。

・JVC VN-H557について
・MotionJPEGをご利用の場合、カメラ側設定のエンコーダ No.1にて「JPEG」を選択してください。
 アロバビュー側の(E1)、(E1,E2)、(E1,E3)のすべてにおいて、エンコーダ No.1の設定が反映されます。

・Panasonic WV-S6110について
・カメラ側にて設定を変更した場合、セッションが切断されます。
・カメラ側設定変更によってセッションが切断された場合、再接続が可能になるまで1分程かかります。

・Panasonic WV-SFN480について
・デジタルPTZ可能をご利用の場合、以下のいずれかの撮像モードを選択してください。
 4画PTZ
 1画PTZ

・Panasonic BB-SC364について
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSは未対応です。
・音声(集音と発声)は未対応です。
・ジョイスティックは未対応です。

・Panasonic BB-SC384Bについて
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSは未対応です。
・音声(集音や発声)は未対応です。
・ジョイスティックは未対応です。

・SHARP LZ0P421/LZ0P422について
・H.264/RTP over HTTPで使用する場合、ポート番号に8080を指定してください。


【注意事項】
・HIKVISION DS-2DE4220-AE3/DS-2DE4220-AEについて
・本プログラムで追加されるカメラモジュールは Microsoft .NET Framework を利用しているため
ビューアアプリにてカメラ操作を行う場合、リモコンを表示してから操作可能になるまで時間がかかる場合があります。
・Motion JPEGに対応していないため、Gateway Serverには非対応です。

・SHARP LZ0P421/LZ0P422/LZ0P431B/LZ0P432B/LZ0P436について
・Motion JPEGに対応していないため、Gateway Serverには非対応です。

・TOA N-C3700/N-C3820-3について
・Motion JPEGに対応していないため、Gateway Serverには非対応です。


【適用手順】
1.「Autorun_patch.exe」、「w32_Autorun_patch.exe」、「x64_Autorun_patch.exe」
および「patch」フォルダを ArobaViewが稼働するサーバにコピーします。

2.アップデートを実行する前に、サービスコントロールセンターを終了します。
※サービスコントロールセンターを終了せずに実行した場合、当パッチを正しく適用できませんので、ご注意ください。

3.「Autorun_patch.exe」を右クリックし管理者として実行してください。
※「w32_Autorun_patch.exe」「x64_Autorun_patch.exe」を実行しないでください。

4.ArobaView修正プログラムが起動し「修正プログラムを実行します」と表示されますので、<実行>をクリックします。

5.修正プログラムが正常に適用された場合、「修正プログラムの適用が成功しました」と表示されますので、
 <OK>と<終了>をクリックしてプログラムを終了してください。

6.手順1でコピーしたファイルとフォルダを削除します。

7.ArobaViewClient, ArobaViewPlayer をサーバーからダウンロードして更新してください。

投稿者 : support_admin 投稿日時: 2017-12-19 (317 ヒット)
トピックス
アロバビューVer3.4.2/Ver4.0.0 向け、カメラ追加パッチプログラムをリリースいたしましたので、ご案内申し上げます。

 こちらからダウンロードいただけます。(ダウンロードにはログインが必要です)

https://secure.arobaview.com/support/modules/d3downloads_2/index.php?page=singlefile&cid=126&lid=103

すでに過去リリースされたVer3.4.2/Ver4.0.0 向けカメラ追加パッチプログラムを適用済みの環境にも
本パッチプログラムを適用いただけます。

【注意事項】
 パッチ適用環境へMicrosoft .NET Framework 3.5のインストールが必要です。
 インストールされていない環境へはパッチプログラムを適用することができませんのであらかじめご了承ください。

 アロバビュークライアントをダウンロードするPCについても同様にMicrosoft .NET Framework 3.5のインストールが
 必要となりますのでご注意ください。

本パッチプログラムにより追加される機種・ファームウェアは以下の通りです。


【内容】
■ArobaView 3.4.2向け

[新機種対応(92機種)]
・AXIS F34
・AXIS M1045-LW
・AXIS M1065-L
・AXIS M1065-LW
・AXIS M1145
・AXIS M1145-L
・AXIS M2025-LE
・AXIS M3037-PVE
・AXIS M3044-WV
・AXIS M3046-V
・AXIS M3048-P
・AXIS M3105-L
・AXIS M3105-LVE
・AXIS M3106-L
・AXIS M3106-LVE
・AXIS P1254
・AXIS P1365 Mk II
・AXIS P1405-E
・AXIS P1405-LE
・AXIS P1425-LE Mk II
・AXIS P3224-LV Mk II
・AXIS P3224-V Mk II
・AXIS P3225-LV Mk II
・AXIS P3225-LVE Mk II
・AXIS P3225-V Mk II
・AXIS P3227-LV
・AXIS P3227-LVE
・AXIS P3707-PE
・AXIS P5514 PTZ
・AXIS P5515
・AXIS P5515-E
・AXIS P5624-E Mk II
・AXIS P5635-E
・AXIS P5635-E MkII
・AXIS Q1615 Mk II
・AXIS Q1615-E Mk II
・AXIS Q3505-V Mk II
・AXIS Q3505-VE Mk II
・AXIS Q6054-E
・AXIS Q6115-E
・AXIS Q6128-E
・AXIS Q6155-E
・AXIS V5915
・Canon VB-H651VE
・Canon VB-H652LVE
・Canon VB-H760VE
・Canon VB-H761LVE
・Canon VB-R13
・Canon VB-S30VE
・Canon VB-S805D MkII
・Canon VB-S910F
・ELECOM NCB-BP200BWGR
・ELECOM NCB-DP200AWWH
・ELECOM NCB-DP200BUWH
・HIKVISION DS-2CD2122FWD-I
・HIKVISION DS-2CD2722FWD-IS
・HIKVISION DS-2DE4220-AE
・HIKVISION DS-2DE4220-AE3
・JVC VN-H28
・JVC VN-H557
・Panasonic BB-SC364
・Panasonic BB-SC384B
・Panasonic DG-GXE500
・Panasonic WV-SFN110
・Panasonic WV-SFN130
・Panasonic WV-SFV110
・Panasonic WV-SFV311A
・Panasonic WV-SPN310AV
・Panasonic WV-SPW311AL
・Panasonic WV-SPW611J
・Panasonic WV-SPW631L
・Panasonic WV-SPW631LJ
・Panasonic WV-SW397NJ
・Panasonic WV-SW598
・Panasonic WV-SW598J
・Panasonic WV-SW598A
・Panasonic WV-SW598AJ
・SHARP LZ0P421
・SHARP LZ0P422
・SHARP LZ0P431B
・SHARP LZ0P432B
・SHARP LZ0P436
・SONY SNC-EB602R
・SONY SNC-EM602RC
・SONY SNC-WR630
・SONY SNC-WR632(C)
・SONY SNC-XM632
・TOA N-C3220-3
・TOA N-C3420-3
・TOA N-C3500
・TOA N-C3700
・TOA N-C3820-3

[カメラ機能追加(13機種)]
Axisの以下の機種に対して、脆弱性対策ファームウェアに対応にしました。
・AXIS P5414-E
・AXIS P5624-E MkII

Canonの以下の機種に対して、v1.1.2のファームウェアとジョイスティックに対応しました。
・VB-R11VE

Axisの以下の機種に対して、v6.10.1.1のファームウェアに対応しました。
・AXIS P3365-V
・AXIS P3365-VE

Axisの以下の機種に対して、60fpsを追加しました。
・AXIS P1365

HikVisionの以下の機種に対して、v5.3.0 build 151029のファームウェアに対応しました。
・HIKVISION DS-2DE2103-DE3/W

Panasonicの以下の機種に対して、Motion JPEG/HTTPSに対応しました。
・Panasonic DG-SC385

HikVisionの以下の機種に対して、マルチストリームに対応しました。
・HikVision DS-2CD2122FWD-I

SHARPの以下の機種に対して、音声(集音、録音)対応に対応しました。
・SHARP LZ0P431B
・SHARP LZ0P436

SONYの以下の機種に対して、v3.0.0のファームウェアに対応しました。
・SONY SNC-EM600
・SONY SNC-VM600

[改修された不具合]
-影響範囲:Ver. 3.4.0 以降
HikVisionの以下の機種に対して、カメラ操作が動作しない不具合を修正。
・HIKVISION DS-2DE2103-DE3/W

AXISの以下の機種に対して、自動登録することができない不具合を修正。
・AXIS M1004-W
・AXIS M2014-E
・AXIS M3024-LVE
・AXIS M3025-VE
・AXIS M3026-VE
・AXIS Q1614(E)

-影響範囲:2017/05版~2017/09版のカメラ追加パッチ適用環境
・以下の状態のときにカメラ再接続が繰り返し発生する可能性がある問題を修正。
・ライブの場合はカメラとクライアントPCの時刻ズレが30秒を超えている。
・録画の場合はカメラとRSの時刻ズレが30秒を超えている。
・AXIS社製カメラ、または、SHARP社製カメラを利用している。
・H.264/RTP over HTTP、または、H.264/RTP over HTTPSでライブモニタリングか録画を行っている。

■ArobaView 4.0.0向け

[新機種対応(64機種)]
・AXIS F34
・AXIS M1045-LW
・AXIS M1065-L
・AXIS M1065-LW
・AXIS M1145
・AXIS M1145-L
・AXIS M2025-LE
・AXIS M3037-PVE
・AXIS M3044-WV
・AXIS M3048-P
・AXIS M3105-L
・AXIS M3105-LVE
・AXIS M3106-L
・AXIS M3106-LVE
・AXIS P1254
・AXIS P1425-LE Mk II
・AXIS P3224-LV Mk II
・AXIS P3224-V Mk II
・AXIS P3225-LV Mk II
・AXIS P3225-LVE Mk II
・AXIS P3225-V Mk II
・AXIS P3227-LV
・AXIS P3227-LVE
・AXIS P3707-PE
・AXIS P5514 PTZ
・AXIS P5515
・AXIS P5515-E
・AXIS P5635-E
・AXIS P5635-E MkII
・AXIS Q1615 Mk II
・AXIS Q1615-E Mk II
・AXIS Q6115-E
・AXIS Q6155-E
・Canon VB-H651VE
・Canon VB-H760VE
・Canon VB-H761LVE
・Canon VB-S30VE
・Canon VB-S805D MkII
・Canon VB-S910F
・ELECOM NCB-BP200BWGR
・ELECOM NCB-DP200AWWH
・ELECOM NCB-DP200BUWH
・JVC VN-H28
・JVC VN-H557
・Panasonic DG-GXE500
・Panasonic WV-SFN110
・Panasonic WV-SFN130
・Panasonic WV-SPW611J
・Panasonic WV-SPW631L
・Panasonic WV-SPW631LJ
・Panasonic WV-SW598
・Panasonic WV-SW598J
・Panasonic WV-SW598A
・Panasonic WV-SW598AJ
・SECURE NC-A220-3MW
・SECURE NC-B320-DP
・SECURE NC-D320-P
・SECURE NC-EA220-WP
・SECURE NC-S220-1Z
・SECURE NC-S220-1ZWH
・SONY SNC-EB602R
・SONY SNC-EM602RC
・TOA N-C3420-3
・TOA N-C3500

[カメラ機能追加(9機種)]
Axisの以下の機種に対して、脆弱性対策ファームウェアに対応しました。
・AXIS P5414-E
・AXIS P5624-E MkII

Canonの以下の機種に対して、v1.1.2のファームウェアとジョイスティックに対応しました。
・VB-R11VE

Panasonicの以下の機種に対して、H.264の音声(集音、録音)とMotion JPEG/HTTPSに対応しました。
・Panasonic DG-SC385

HikVisionの以下の機種に対して、マルチストリームに対応しました。
・HikVision DS-2CD2122FWD-I

SHARPの以下の機種に対して、音声(集音、録音)対応に対応しました。
・SHARP LZ0P431B
・SHARP LZ0P436

SONYの以下の機種に対して、v3.0.0のファームウェアに対応しました。
・SONY SNC-EM600
・SONY SNC-VM600

[改修された不具合]
-影響範囲:Ver. 4.0.0 以降
AXISの以下の機種に対して、自動登録することができない不具合を修正。
・AXIS M1004-W
・AXIS M2014-E
・AXIS M3024-LVE
・AXIS M3025-VE
・AXIS M3026-VE
・AXIS Q1614(E)

-影響範囲:2017/05版~2017/09版のカメラ追加パッチ適用環境
・以下の状態のときにカメラ再接続が繰り返し発生する可能性がある問題を修正。
・ライブの場合はカメラとクライアントPCの時刻ズレが30秒を超えている。
・録画の場合はカメラとRSの時刻ズレが30秒を超えている。
・AXIS社製カメラ、または、SHARP社製カメラを利用している。
・H.264/RTP over HTTP、または、H.264/RTP over HTTPSでライブモニタリングか録画を行っている。

【対象ソフトウェアバージョン】
・ArobaView Enterprise Server Ver3.4.2/4.0.0
・ArobaView Recording Server Ver3.4.2/4.0.0
・ArobaView Gateway Server Ver1.4.2/4.0.0


【事前準備】
・追加されるカメラモジュールを利用するには Microsoft .NET Framework 3.5をインストールする必要があります。
・本プログラムを適用する前に、以下の環境に Microsoft .NET Framework 3.5をインストールしてください。

・対象ソフトウェアがインストールされたPC
・ビューアアプリをダウンロードし利用するPC

【制限事項】
・AXIS M1045-LWについて
・RTP および RTP over HTTP で登録されている場合、モバイルビューアでは下記の解像度でライブ閲覧することができません。
1024x768 / 1280×960 / 1920×1080

・AXIS P1425-LE Mk IIについて
・60fpsで高解像度の場合は、クライアントPCやネットワークの環境により、設定した通りにライブや録画ができない
(映像遅延が発生する)可能性があります。

・AXIS P3225-V/LV/LVE Mk IIについて
・60fpsで高解像度の場合は、クライアントPCやネットワークの環境により、設定した通りにライブや録画ができない
(映像遅延が発生する)可能性があります。

・AXIS P3365-V/P3365-VEについて
・H.264/RTP multicastで接続し難い場合があります(FW6.10.1.1で確認)。

・AXIS Q1615/Q1615-E Mk IIについて
・100/120fpsは非対応です。
・60fpsで高解像度の場合は、クライアントPCやネットワークの環境により、設定した通りにライブや録画ができない
(映像遅延が発生する)可能性があります。

・AXIS Q3505-V/VE Mk IIについて
・100/120fpsは非対応です。
・60fpsで高解像度の場合は、クライアントPCやネットワークの環境により、設定した通りにライブや録画ができない
(映像遅延が発生する)可能性があります。

・AXIS Q6128-Eについて
・4K(3840x2160)解像度は未対応です。
・60fpsで高解像度の場合は、クライアントPCやネットワークの環境により、設定した通りにライブや録画ができない
(映像遅延が発生する)可能性があります。

・AXIS Q6155-Eについて
・60fps指定で高画質設定や分割ビュー表示している場合、実際のフレームレートが60fpsより小さくなることがあります。

・Canon VB-H651VE/VB-H761LVEについて
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSでは発声が未対応です。
・「認証方式」が「Digest認証」の発声は未対応です。

・Canon VB-S910F/VB-S30VEについて
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSでは発声が未対応です。

・CANON VB-S805D MkIIについて
・カメラ自動登録には対応していません。

・ELECOM NCB-BP200BWGR/NCB-DP200AWWH/NCB-DP200BUWHについて
・アロバビューのカメラ自動登録機能による登録ができません。
・カメラ側のMJPEGストリームを無効にしないでください。
・音声対応カメラの録音はできません(ライブでの発声は可能です)。
・H.264/RTP over HTTPでの接続は8000ポート固定となります。
・H.264/RTPとH.264/RTP over HTTPの同時接続を行うことはできません。
・複数の接続を行うとカメラ側の負荷が高まり、期待するフレームレートが出なかったり、
映像がスキップする可能性があります。

・HIKVISION DS-2CD2722FWD-ISについて
・HTTPS通信に対応していません。
・サブストリームのMJPEGは対応していません。
・H.264/RTP over HTTPでの録音は非対応です。

・HIKVISION DS-2DE4220-AE3/DS-2DE4220-AE/DS-2CD2122FWD-Iについて
・HTTPS通信に対応していません。
・サブストリームのMJPEGは対応していません。

・Panasonic WV-SFV311Aについて
・HTTPS通信に対応していません。
・音声に対応していません。

・Panasonic WV-SPN310AVについて
・HTTPS通信には対応していません。
・カメラ自動登録には対応していません。
※WV-SPN310Vが対応されている環境ではWV-SPN310AVがWV-SPN310Vと判断されます。

・Panasonic WV-SPV110について
・HTTPS通信に対応していません。
・音声(集音)に対応していません。

・Panasonic WV-SPW311ALについて
・HTTPS通信に対応していません。
・音声に対応していません。
・カメラ側で1920x1080、最大12288kbps以上、マルチキャスト配信に設定すると、
ArobaViewClientでライブ表示が乱れたり、接続エラーが発生する可能性があります。

・Panasonic WV-SW397NJについて
・HTTPS通信に対応していません。
・音声に対応していません。

・Panasonic WV-SW598/J/A/AJについて
・ArobaView 3.4.2では録音が未対応です。
・発声は未対応です。

・Panasonic WV-SPW631L/LJについて
・ArobaView 3.4.2では録音が未対応です。
・発声は未対応です。

・SECURE NC-A220-3MWについて
・常時録画設定にて配信方法を「RTP」に設定した場合、録音することができません。

・SECURE NC-B320-DPについて
・常時録画設定にて配信方法を「RTP」に設定した場合、録音することができません。

・SECURE NC-D320-Pについて
・常時録画設定にて配信方法を「RTP」に設定した場合、録音することができません。

・SECURE NC-S220-1Zについて
・常時録画設定にて配信方法を「RTP」に設定した場合、録音することができません。

・SECURE NC-S220-1ZWHについて
・常時録画設定にて配信方法を「RTP」に設定した場合、録音することができません。

・SHARP LZ0P421/LZ0P422/LZ0P431B/LZ0P432B/LZ0P436について
・カメラのライフチェックは未対応です。
・フレームレートとGOV Lengthが合っていないときは時刻誤差が発生し、録画が途切れる可能性があります。

・SONY SNC-XM632について
・HTTPS通信に対応していません。
・録音は未対応です。


【特記事項】
・AXIS M1145/M1145-Lについて
・View Areaを有効にする場合、カメラの設定で「Video」→「Cemera Settings」で「Enable View Areas」にチェック
を入れ、「View Areas」→「Add」ボタンで「View Area 2」を追加してください(「View Area 8」まで追加可能)。
・ArobaViewのカメラ登録時にView Area 1は(A1)を、View Area 2は(A2)を「機種」で選択してください。
View Area 3以降も同様です。
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSに対応しています。

・AXIS M2025-LEについて
・View Areaを有効にする場合、カメラの設定で「Video」→「Cemera Settings」で「Enable View Areas」にチェック
を入れ、「View Areas」→「Add」ボタンで「View Area 2」を追加してください。
・ArobaViewのカメラ登録時にView Area 1は(A1)を、View Area 2は(A2)を「機種」で選択してください。
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSに対応しています。

・AXIS M3037-PVEについて
・通倫量が大きくなる配信設定となっている状態や複数のクライアント接続を行うと、カメラ側の負荷が高まり、
期待するフレームレートが出なかったり、映像がスキップする可能性があります。

・AXIS M3044-WVについて
・View Areaを有効にする場合、カメラの設定で「Video」→「Cemera Settings」で「Enable View Areas」にチェック
を入れ、「View Areas」→「Add」ボタンで「View Area 2」を追加してください。
・ArobaViewのカメラ登録時にView Area 1は(A1)を、View Area 2は(A2)を「機種」で選択してください。
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSに対応しています。

・AXIS M3046-Vについて
・View Areaを有効にする場合、カメラの設定で「Video」→「Cemera Settings」で「Enable View Areas」にチェック
を入れ、「View Areas」→「Add」ボタンで「View Area 2」を追加してください。
・View Areaを有効にした場合は2560x1440は選択できません。
・ArobaViewのカメラ登録時にView Area 1は(A1)を、View Area 2は(A2)を「機種」で選択してください。

・AXIS M3048-Pについて
・アロバビューから各ビューエリアの映像を取得するため、カメラ側にて以下の設定が必要となります。
1.ブラウザ(ChromeやFirefox等)からカメラへアクセス
2.設定タブ > システム > プレイン設定 をクリック
3.新規に開かれたページにて、プルダウンから「Image」を選択し、「Select group」ボタンをクリック
4.Image I0: ~ I11: までのすべての「Enabled」項目にチェックを付ける
5.画面一番下の「Save」ボタンをクリック
・30fps(25fps)での利用は、FisheyeモードにおけるOverviewビューエリアのみとなります。

・AXIS M3105-L/M3105-LVE/M3106-L/M3106-LVEについて
・View Areaを有効にする場合、カメラの設定で「Video」→「Cemera Settings」で「Enable View Areas」にチェック
を入れ、「View Areas」→「Add」ボタンで「View Area 2」を追加してください。
・ArobaViewのカメラ登録時にView Area 1は(A1)を、View Area 2は(A2)を「機種」で選択してください。
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSに対応しています。

・AXIS M3106-L/M3106-LVEについて
・カメラの設定の「Video」→「Cemera Settings」→「Capture mode」で「4MP (2688x1520)」を選択した場合、
ArobaViewのカメラ登録画面の「解像度」で「2560x1440」が設定されたときは無効となります。
逆に「Capture mode」で「QHD (2560x1440)」を選択した場合、カメラ登録画面の「2688x1520」が無効となります。

・AXIS P1065-LWについて
・Wireless LANを使用する場合は特に、十分なネットワーク帯域を確保してください。

・AXIS P1365 Mk II について
・カメラ本体の初期設定画面にて電源周波数を50Hzに設定した場合、
アロバビューの管理者設定画面にてフレームレートを60に設定していても、
実際の表示および録画フレームレートは最大50fpsに制限されます。
これは映像のちらつきを抑制する機能によるもので、カメラ側の仕様です。
60fpsでの表示や録画を必要とされる場合は、一旦カメラを工場出荷時設定に戻し
カメラの初期設定画面にて電源周波数を60Hzに設定して下さい。

・AXIS P1405-E/LEについて
・光学ズームに対応しています。

・AXIS P1425-LE Mk IIについて
・最大60fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video & Audio → Camera Settings → Capture mode → 1080p 1920x1080 (16:9) @ 50/60 fps (no WDR)
・最大30fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video & Audio → Camera Settings → Capture mode → 1080p 1920x1080 (16:9) @ 25/30 fps (WDR)

・AXIS P3225-V/LV/LVE Mk IIについて
・最大60fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video & Audio → Camera Settings → Capture mode → 1080p 1920x1080 (16:9) @ 50/60 fps (no WDR)
・最大30fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video & Audio → Camera Settings → Capture mode → 1080p 1920x1080 (16:9) @ 25/30 fps (WDR)

・AXIS Q1615/Q1615-E Mk IIについて
・最大60fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video & Audio → Camera Settings → Capture mode → 1080p 1920x1080 (16:9) @ 50/60 fps (no WDR)
・最大30fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video & Audio → Camera Settings → Capture mode → 1080p 1920x1080 (16:9) @ 25/30 fps (WDR)
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSに対応しています。
・光学ズームに対応しています。

・AXIS Q3505-V/VE Mk IIについて
・最大60fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video & Audio → Camera Settings → Capture mode → 1080p 1920x1080 (16:9) @ 50/60 fps (no WDR)
・最大30fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video & Audio → Camera Settings → Capture mode → 1080p 1920x1080 (16:9) @ 25/30 fps (WDR)

・AXIS Q6128-Eについて
・最大60fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video → Camera Settings → Capture mode → 1080p 1920x1080 (16:9) @ 60fps
・最大30fpsを使用する場合はカメラ側で以下を設定してください。
Video → Camera Settings → Capture mode → 2160p 3840x2160 (16:9) @ 30fps

・AXIS Q6155-Eについて
・カメラの設定の「Capture mode」で「720p 1280x720 (16:9)」を選択した場合、
ArobaViewのカメラ登録画面の「解像度」で「1920x1080」が設定されたときは無効となります。

・Canon VB-H651VE/VB-H761LVEについて
・ArobaView 3.4.2以前の環境でH.264を使用する場合、カメラ側のRTPサーバー設定で以下のように設定してください。
S1)「RTPストリーム1」で「映像サイズ」に「H.264(1)」を設定
S2)「RTPストリーム2」で「映像サイズ」に「H.264(2)」を設定

・ArobaView 4.0.0以降の環境でH.264を使用する場合、カメラ側のRTPサーバー設定で「H.264(1)」と「H.264(2)」を
適切に割り当てた上で、ArobaView側のカメラ登録時に「映像」でRTPストリーム番号を選択してください。

・Motion JPEGで指定する解像度はカメラ側でも設定が必要です。
以下の3セットを選択した上、その中に含まれる解像度をArobaViewで選択してください。

1) 1280x960 / 640x480 / 320x240
2) 1280x720 / 640x360 / 320x180
3) 1920x1080 / 960x540 / 480x270

・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSに対応しています。
・Motion JPEG/HTTPで集音/発音、Motion JPEG/HTTPSで集音に対応しています。
・ArobaView 4.0.0以降の環境でH.264を使用する場合、録音に対応しています。

・Canon VB-H760VEについて
・ArobaView 3.4.2以前の環境でH.264を使用する場合、カメラ側のRTPサーバー設定で以下のように設定してください。
S1)「RTPストリーム1」で「映像サイズ」に「H.264(1)」を設定
S2)「RTPストリーム2」で「映像サイズ」に「H.264(2)」を設定

・ArobaView 4.0.0以降の環境でH.264を使用する場合、カメラ側のRTPサーバー設定で「H.264(1)」と「H.264(2)」を
適切に割り当てた上で、ArobaView側のカメラ登録時に「映像」でRTPストリーム番号を選択してください。

・Motion JPEGで指定する解像度はカメラ側でも設定が必要です。
以下の3セットを選択した上、その中に含まれる解像度をArobaViewで選択してください。

1) 1280x960 / 640x480 / 320x240
2) 1280x720 / 640x360 / 320x180
3) 1920x1080 / 960x540 / 480x270

・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSに対応しています。

・Canon VB-H652LVEについて
・Motion JPEGで指定する解像度はカメラ側でも設定が必要です。
以下の3セットを選択した上、その中に含まれる解像度をArobaViewで選択してください。

1) 1280x720 / 640x360 / 320x180
2) 1280x960 / 640x480 / 320x240
3) 1920x1080 / 960x540 / 480x270

・Motion JPEG/HTTP、Motion JPEG/HTTPSでも集音/発声に対応しています。
・録音は未対応です。

・Canon VB-R13について
・Motion JPEGで指定する解像度はカメラ側でも設定が必要です。
以下の3セットを選択した上、その中に含まれる解像度をArobaViewで選択してください。

1) 1280x720 / 640x360 / 320x180
2) 1280x960 / 640x480 / 320x240
3) 1920x1080 / 960x540 / 480x270

・Motion JPEG/HTTP、Motion JPEG/HTTPSでも集音/発声に対応しています。
・録音は未対応です。

・Canon VB-S910F/VB-S30VEについて
・ArobaView 3.2.1以前の環境でH.264を使用する場合、カメラ側のRTPサーバー設定で以下のように設定してください。
S1)「RTPストリーム1」で「映像サイズ」に「H.264(1)」を設定
S2)「RTPストリーム2」で「映像サイズ」に「H.264(2)」を設定

・ArobaView 4.0.0以降の環境でH.264を使用する場合、カメラ側のRTPサーバー設定で「H.264(1)」と「H.264(2)」を
適切に割り当てた上で、ArobaView側のカメラ登録時に「映像」でRTPストリーム番号を選択してください。

・Motion JPEGで指定する解像度はカメラ側でも設定が必要です。
以下の3セットを選択した上、その中に含まれる解像度をArobaViewで選択してください。

1) 1280x960 / 640x480 / 320x240
2) 1280x720 / 640x360 / 320x180
3) 1920x1080 / 960x540 / 480x270

・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSに対応しています。
・Motion JPEG/HTTPで集音/発音、Motion JPEG/HTTPSで集音に対応しています。

・ArobaView 4.0.0以降の環境でH.264を使用する場合、録音に対応しています。

・HIKVISION DS-2DE4220-AE3/DS-2DE4220-AEについて
・音声を受信(集音)するためにはカメラ側の設定でストリームタイプごとに、「基本設定」→「映像/音声」の
「ビデオタイプ」を「映像&音声」に設定してください。
・カメラ操作を行うためには.NET Frameworkが必要です。

・JVC VN-H557について
・MotionJPEGをご利用の場合、カメラ側設定のエンコーダ No.1にて「JPEG」を選択してください。
 アロバビュー側の(E1)、(E1,E2)、(E1,E3)のすべてにおいて、エンコーダ No.1の設定が反映されます。

・Panasonic BB-SC364について
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSは未対応です。
・音声(集音と発声)は未対応です。
・ジョイスティックは未対応です。

・Panasonic BB-SC384Bについて
・Motion JPEG/HTTPS、H.264/RTP over HTTPSは未対応です。
・音声(集音や発声)は未対応です。
・ジョイスティックは未対応です。

・SHARP LZ0P421/LZ0P422について
・H.264/RTP over HTTPで使用する場合、ポート番号に8080を指定してください。


【注意事項】
・HIKVISION DS-2DE4220-AE3/DS-2DE4220-AEについて
・本プログラムで追加されるカメラモジュールは Microsoft .NET Framework を利用しているため
ビューアアプリにてカメラ操作を行う場合、リモコンを表示してから操作可能になるまで時間がかかる場合があります。
・Motion JPEGに対応していないため、Gateway Serverには非対応です。

・SHARP LZ0P421/LZ0P422/LZ0P431B/LZ0P432B/LZ0P436について
・Motion JPEGに対応していないため、Gateway Serverには非対応です。

・TOA N-C3700/N-C3820-3について
・Motion JPEGに対応していないため、Gateway Serverには非対応です。


【適用手順】
1.「Autorun_patch.exe」、「w32_Autorun_patch.exe」、「x64_Autorun_patch.exe」
および「patch」フォルダを ArobaViewが稼働するサーバにコピーします。

2.アップデートを実行する前に、サービスコントロールセンターを終了します。
※サービスコントロールセンターを終了せずに実行した場合、当パッチを正しく適用できませんので、ご注意ください。

3.「Autorun_patch.exe」を右クリックし管理者として実行してください。
※「w32_Autorun_patch.exe」「x64_Autorun_patch.exe」を実行しないでください。

4.ArobaView修正プログラムが起動し「修正プログラムを実行します」と表示されますので、<実行>をクリックします。

5.修正プログラムが正常に適用された場合、「修正プログラムの適用が成功しました」と表示されますので、
 <OK>と<終了>をクリックしてプログラムを終了してください。

6.手順1でコピーしたファイルとフォルダを削除します。

7.ArobaViewClient, ArobaViewPlayer をサーバーからダウンロードして更新してください。

投稿者 : support_admin 投稿日時: 2017-11-29 (266 ヒット)
トピックス
アロバビューは、Microsoft Windows Server 2016 に対し、2017年11月29日より以下の通り対応を開始しました。

・対象OS
 Windows Server 2016 Standard Edition (64bit/日本語版)
 Windows Storage Server 2016 Workgroup Edition (64bit/日本語版)
 Windows Storage Server 2016 Standard Edition (64bit/日本語版)
 ※上記、Windows Storage Server 2016 をご利用の場合は当社にて動作検証を行っている機種に限ります。

・対象ソフトウェア
 アロバビュー サーバー統合ソフトウェア(エンタープライズサーバー)
 アロバビュー カメラ管理ソフトウェア(レコーディングサーバー)
 アロバビュー 映像中継ソフトウェア(ゲートウェイサーバー)

・対象となるアロバビューのバージョン
 Ver4.0.0

・参考:動作環境・仕様について
  https://www.arobaview.com/feature/spec/

(1) 2 3 4 ... 7 »